投稿

プライマーの塗布

床研磨とプライマー塗布|神奈川県厚木市の精密機械工場にて塗床工事「1日目」

光コーティングの塗床の現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

7月に入り、個人の方、および工場関連の担当者の方から沢山のお問い合わせを頂いております!

塗床の施工スケジュールも埋まりつつありますが、これから暑くなるにしたがって、劣化した床は大変気になりますよね。

床の事で何かしらのお悩みがございましたら
まずは現状の状況をお聞かせ下さい!

塗床のプロフェショナルが過去の経験、そして現状の状況を確実に把握して、最適なご提案をさせて頂きます!


厚木市の精密機械工場にて塗床工事のご依頼

それでは現場の状況のご報告です!

今回は、厚木市を拠点とする精密機械工場にて塗床工事を行いましたので、その施工中の様子をご覧下さい。

借り手がオーナー様の許可を得て自社向けの床塗装(塗床)を施工したいとのご要望にお応えする形での施工となりました。

【施工前の状態】

まずは施工前の状態をご覧下さい。

すでにコンクリート床の上に床塗装が施工されてましたが、密着はしていると判断。

施工前の状態

しかし、機械を移動したのか一部未施工のところもあり、油の浸透が見受けられる箇所も‥。

床の油浸透

このままの状態で工場を稼働してしまうと、
更に劣化が進んでしまう可能性がありました。

【床の研磨作業】

既にある床塗装(塗床)の上を丁寧にダイヤモンド研磨していきます。

床の研磨作業

【プライマーの塗布】

塗床の最初はプライマーの塗布からスタート。

プライマーの塗布

既に構築されている塗膜と、これから施工する塗膜を密着させるために欠かせない工程です。


プライマーがしっかりと浸透して乾燥したのを確認したら、ケミクリートEの中塗り塗装を行う予定です!

以上、現場からお伝えさせて頂きました!

耐熱性塗床材「タフクリートMH」施工完了

耐熱性塗床材「タフクリートMH」での塗床工事が完工|埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床工事

光コーティングの現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

今日は気温が低かったうえに、1日を通してずっと雨が降ってましたよね‥。

これから本格的な梅雨シーズンに突入するので、雨が降る前提で様々な段取りをしていかなければいけません。

塗床は室内での施工が多いと思われがちですが、しっかりとした準備が必要なんです。

『備えあれば患いなし』

ということで、事前の準備を大事に、本日も塗床の現場で施工しております!


埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床の施工中

それでは塗床の現場からご報告です!

埼玉県東松山市の某化粧品会社工場にて塗床の施工を行ってましたが、無事に施工が完了しました。

今回は、施工完了後のその様子をご覧下さい。

前回の様子:【塗床工事4日目】塗床の上塗り塗装と防滑骨材の散布


【耐熱性塗床材「タフクリートMH」施工完了】

塗床の上塗り塗装が完了し、施工が問題なく完了しました。

耐熱性塗床材「タフクリートMH」施工完了

もうちょっと近づいて状態を見てみましょう。
防滑骨材が均一に並んでいることがわかりますよね。

今回は、熱水のかかるエリアには、耐熱性塗床材の「タフクリートMH」を施工。

熱水で容器を洗う時の温度は80℃や90℃が多いので、それに十分耐えられる100℃まで対応可能なんです。

専門業者としての腕を十分に発揮できた現場となりました!

この度は数ある塗床業者の中から光コーティングをご用命頂きましてありがとうございました。

塗床の上塗り塗装

塗床の上塗り塗装と防滑骨材の散布|埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床工事「4日目」

「アレっ、もしかして今日は寒い?」

と、感じたのは朝方のこと。

天気予報では久々に20度を切っていたので、体がビックリしたような感じに襲われました。

しかし‥

日中にはあっという間に30℃近くにまで達し、着用する服もそうですが、体のコンディショニングがとても難しい時期ですね。

塗床工事のスケジュールがかなり入っている状態なので、しっかりと健康管理をしつつ、現場を進めていきたいと思う今日この頃です!


埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床の施工中

それでは塗床の現場から途中経過のご報告です!

今回も引き続き、埼玉県東松山市の某化粧品会社工場にて塗床の施工を行ってますので、その様子をご覧下さい。

前回の様子:【塗床工事3日目】塗床の中塗り塗装


【塗床の上塗り塗装】

昨日は、塗床の中塗り塗装を行っており、しっかりと乾燥しているのをくまなくチェックして上塗り塗装を行いました。

こちらは専用のローラーで上塗りをしている様子です。

塗床の上塗り塗装

写真で見るとリアリティが伝わりづらいかもしれませんが、中塗りの際に出た塗りムラなどを均一にして、既定の厚みを付けていきます。


【防滑骨材を散布】

そして、上塗り塗布直後のまだ乾かないうちに防滑骨材を散布します。

防滑骨材を散布

この作業、実は均一に撒くのが難しいんですよ。

経験のない方が撒くと大失敗するも恐れも‥。


【引き続き上塗り塗装】

その後、改めて上塗り塗装を行い、本日の作業は一旦修了です。

塗床の上塗り塗装


【次回の塗床工事の予定】

上塗りが完了し、いよいよ仕上がりです。

生産工程や使い方をよく考えて施工した塗床の仕上がり具合を皆さんにお届けしましょう!

以上、現場からお伝えさせて頂きました!

塗床の中塗り塗装

塗床の中塗り塗装|埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床工事「3日目」

今日は曇ったり、雨が降ったりで空の表情の移り変わりが激しかったですね。

気温は25度程度だったものの、やはり肌にまとわりつくような湿気があって、思ったよりも暑く感じました。

ちなみに塗床の仕上がり面の質を高めるためには、特に外気温の状況を頭に入れておかなければいけません。

微妙な環境の変化もしっかりと感じつつ、今日も塗床工事を行いました!


埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床の施工中

それでは塗床の現場から途中経過のご報告です!

今回も引き続き、埼玉県東松山市の某化粧品会社工場にて塗床の施工を行ってますので、その様子をご覧下さい。

前回の様子:【塗床工事2日目】耐熱性塗床「タフクリートMH」の施工とプライマー塗布


【塗床の中塗り塗装】

昨日は、耐熱性塗床「タフクリートMH」の施工とプライマー塗布を行いましたので、本日は、中塗り塗装がメインの作業。

こちらは金コテを使用して中塗りをしたところ。

塗床の中塗り塗装

中塗りは強度を出すための非常に重要な工程です。

ちなみに、中塗りのない工法(薄いもの)は上塗りしかないので見た目が一緒でも耐久性が全然違います

しっかりと工場に適した圧縮強度や衝撃強度を確保しました。

本日はここで作業の終了です。


【次回の塗床工事の予定】

中塗りが問題なく乾燥したのを確認したら、明日は上塗り塗装を行う予定です。

以上、現場からお伝えさせて頂きました!

耐熱性塗床(床塗装)施工

耐熱性塗床「タフクリートMH」の施工とプライマー塗布|埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床工事「2日目」

光コーティングの現場ブログご覧頂きありがとうございます。

今日は最高気温が30度だったんですが、湿度が非常に高くて、実際の気温以上の体感温度でした(汗‥

こんな日の塗床工事は熱中症の危険性が高まもの‥。

当社の塗床職人も水分補給などをまめに採りながら体のコンディションを整えながら作業を進めております!


埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床の施工中

それでは塗床の現場から途中経過のご報告です!

今回も引き続き、東松山市の某化粧品会社工場にて塗床の施工をしていましたので、その様子をご覧下さい。

前回の様子:【塗床工事1日目】養生作業と旧塗床材の剥がし撤去


【耐熱性塗床(床塗装)施工】

昨日の段階で、旧塗床材の剥がし撤去が完了しているので、耐熱性塗床の施工から作業をスタートしました。

今回は『タフクリートMH』という材料を使用。

耐熱性塗床(床塗装)施工

耐熱性100℃を誇る、光コーティングでも使用頻度が高く、施工後の品質が高い材料なんですよ。

塗床と言っても「単に塗料を塗る」という施工ではないというのは一目瞭然かと思います。


【プライマー塗布】

タフクリートMHを施工したら、これから塗布する塗床塗料と既設面(コンクリート)を密着させるためプライマーを塗布します。

コンクリートに浸透して根をしっかりと張り、上に塗る塗床塗料にしっかり密着します。

プライマーの塗布

このプライマーは両者を取り持つ大事な役割を担っています。

本日はここで作業の終了!

しっかりと乾燥させたのを確認したら、明日は中塗り塗装を行う予定です。

以上、現場からお伝えさせて頂きました!

旧塗膜の剥がし撤去

養生作業と旧塗床材の剥がし撤去|埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床工事「1日目」

光コーティングの現場ブログご覧頂きありがとうございます。

梅雨入りも本格化する中、大気が不安定になり局所的な大雨も見受けられるようにりました。

この時期は湿度が非常に高くなり、我々の様な塗床専門業者にとっては、施工をするうえでの環境面にも配慮しなければなりません。

通常よりもチェックポイントが多くなるなケースが増えますが、しっかりとお客様の側に寄り添った施工をさせて頂く所存です!


埼玉県東松山市の化粧品会社工場にて塗床の施工中

それでは本題に話を移しましょう!

今回は、東松山市の某化粧品会社工場にて塗床の施工を行った際の様子をご覧下さい。

【養生作業】

こちらは各所に養生を行っている時の様子。

重量があったりなど、移動が難しいような機械にホコリ除けのビニール養生をしております。

機械への養生

また、これから劣化した旧塗膜を剥がす作業を行うので、剥がした塗膜が側溝などに入らないように細かいところにもビニールシートで養生するのがポイント。

細部への養生作業

この辺の養生作業を怠ってしまう事で、大事な機械などに塗料が飛散してしまったなどのトラブルに繋がらないよう一切手を抜きません。

【旧塗膜の剥がし撤去】

養生作業が完了したら、研削機械を使用して丁寧、且つクリーンに旧塗膜を除去していきます。

旧塗膜の剥がし撤去

こちらが剥がし撤去完了の状態です。
しっかりと研削機械をコントロールして旧塗床材を研削撤去し、電気掃除機で掃除して一連の作業が完了しました。

旧塗膜の剥がし撤去後

と、今回はここまでということで!

この後は、本格的な塗床工事の様子をアップさせて頂きますね!