個人宅ガレージの床塗装「ケミクリートE」仕上げ

ガレージのコンクリートにオイルがしみて汚い状態を
「ケミクリートE」で仕上げました。

ガレージの塗床塗装

ツルツルピカピカに仕上がり、質感も上々でしかもオイルが染み込まなくなります!!

自動車整備工場の塗床工事

栃木県の自動車整備工場にて床塗装工事

栃木県内の自動車整備工場 新築工事で塗床を施工しました。

製品名はケミクリートE。
流しのべ ペースト工法 2mm厚です。

自動車整備工場の塗床工事

光沢があってとても綺麗です!!

新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年もより多くのお客様、社会の皆様に喜んでいただける企業を目指し、社員一同一致団結し精進する所存です。

皆様に於かれましては、引き続きご指導ご鞭撻を頂き末永いお付き合いをいただけますようお願い申し上げます。

代表取締役社長:永井 健司

年末年始・営業のご案内

年末年始・営業のご案内

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

さて、誠に勝手ながら弊社の年末年始の営業は、下記の通りとさせていただきます。


年末年始の休業期間

2019年12月31日(火)~2020年1月3日(金)
※1月4日(土)から通常営業

皆様におかれましてはご不便・ご面倒をお掛けしますが、
何卒ご容赦願います。

台風19号による被害のお見舞い

この度の台風19号により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被害を受けられた方々に衷心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と、皆様が平穏な日々を取り戻せるよう、
心よりお祈り申し上げます。

 

有限会社光コーティング スタッフ一同

消費税率変更のお知らせ

日頃より塗床工事専門店「光コーティング」をご利用いただきありがとうございます。

さて 令和元年10月からの消費税率の改定に伴い、当店の価格についても消費税率を変更することとなりました。

つきましては誠に恐縮ながら10月以降より消費税率を10%に改定させていただきたくお知らせ申し上げます。

何とぞご高承のうえ、今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

夏季営業のご案内

夏季営業のご案内

日頃より光コーティングをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

さて、誠に勝手ながら夏季営業期間中、下記の期間お休みとさせて頂きます。


夏季休業期間

平成31年8月19日(月)~平成31年8月22日(木)まで
※8月23日(金)より通常営業。
※事務・営業はお休みいたしますが、工事は通常通り稼働しております。

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。

床塗装下塗り

床研磨とケミクリートEPカラーの下塗り|東京都国分寺市の個人邸ガレージにて塗床工事「1日目」

塗床の現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

ここ最近は個人のお客様からのお問い合わせが増えてきました。

主にガレージ(駐車場)の塗床工事のご依頼が多いんですが、個人でも高級な床塗装を行いたいという方が多い印象があります。

光コーティングでは車が大好きな方に大手のカーディーラーや工場・倉庫で実際に使用されているような、「耐久性の高い」「市場に出ていないプロ専用の床塗装材」を使用して施工しております。

塗床のプロフェショナルが過去の経験、そして現状の状況を確実に把握して、最適なご提案をさせて頂きます!


国分寺市の個人邸ガレージにて塗床工事のご依頼

それでは現場の状況のご報告です!

今回は、国分寺市にお住いの方からご依頼を頂き、ガレージ(駐車場)の塗床工事を行いましたので、その施工中の様子をご覧下さい。

【施工前の状態】

まずは施工前の状態をご覧下さい。

施工前の状態

ガレージ(駐車場)の立上りのコンクリートが巣穴だらけです。
ここに塗装すると穴が黒く目立ってしまいます。

立上りのコンクリートが巣穴だらけ

こちらは立上りのアップの画像。
無数に数えきれない穴です。

立ち上がりのアップ画像

また、コンクリート床の水分測定を実施。
規定値以下なので安心して施工できます。

コンクリート床の水分測定

【床の研磨】

コンクリートの表面を丁寧に研磨します。
コンクリートの表面には床塗装(塗床)材の密着を妨げる物質があるのでしっかりと取り除くことが重要です。

コンクリート床の研磨

そして研磨後のコンクリート表面をチェック。

研磨後の床チェック

あまり削りカスが出ていないことがわかり、硬くて強度のあるコンクリートであると判断できます。

【清掃】

専用の電気掃除機で研磨時に出てしまった削りカスをきれいに吸い取り掃除します。

研磨後の床を清掃

【立ち上がりパテ】

立上りの穴をパテでふさいでいるところです。2回行いました。

立ち上がりパテ

こちらがパテ完了後の状態。

パテ終了後の状態

先ほどまで見られた無数の穴がわからなくなりました。

【床塗装下塗り】

ケミクリートEPカラーを使っての下塗りを行いました。

床塗装下塗り

下塗りがしっかりと乾いたら、次回上塗り塗装を行う予定です!

以上、現場からお伝えさせて頂きました!

塗床の施工後

ケミクリートE ペースト工法による塗床工事完工|神奈川県厚木市の精密機械工場にて塗床工事「4日目」

光コーティングの現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

さて、先日まで作業を行っていた神奈川県厚木市の精密機械工場での塗床工事ですが、無事、完工しましたのでご報告です!

前回の様子:ケミクリートEを使用した上塗り塗装

こちらは施工前の状態。
一部未施工のところもあり油の浸透など見受けられました。

施工前の状態

そしてこちらが仕上がり後の状態です。

塗床の施工後

徹底的に下地処理をおこない、下塗り、中塗り、上塗りと段階を踏んで施工を行っているので、床の強度が格段にアップ!

また、今回は床塗装のパイオニアであるABC商会が提供する「ケミクリートE」を採用

様々な選択肢の中から金額的な条件・期間的条件・性能的条件などを考慮し、お客様が納得する工事になったと自負しております。

この度は、数ある塗床業者の中から光コーティングをご用命頂きましてありがとうございました!

【ケミクリートEを使用した上塗り塗装】

ケミクリートEを使用した上塗り塗装|神奈川県厚木市の精密機械工場にて塗床工事「3日目」

光コーティングの塗床の現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

今回も引き続きになりますが、神奈川県厚木市の精密機械工場にて塗床工事を行いましたので、その施工中の様子をご覧下さい。

前回の様子:ケミクリートEを使用した中塗り塗装


【中塗り後のパテ処理】

中塗りをしても凸凹が残ってしまうので、エポキシパテで床面をフラットな状態にします。

中塗り後のパテ処理

【ケミクリートEを使用した上塗り塗装】

パテ処理が完了したら、ケミクリートE ペースト工法にて上塗りの施工を行います。

金ゴテで丁寧に塗付けますが、最終的な美観にも直接影響する最終工程だけあって、職人のテクニックが惜しみなく発揮せねば、良い仕上がりになりません。

【ケミクリートEを使用した上塗り塗装】

ちなみに、今回の色合いは『#1420ライトグレー』

じっくりと丁寧に塗装させて頂き、しっかりとした膜厚を維持した仕上がりになりました。


この上塗り作業で一連の作業が完了です。

次回は仕上がりの状態をご覧頂ければと思います!

以上、現場からお伝えさせて頂きました。

床の中塗り塗装(ケミクリートE)

ケミクリートEを使用した中塗り塗装|神奈川県厚木市の精密機械工場にて塗床工事「2日目」

光コーティングの塗床の現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

今回も引き続きになりますが、神奈川県厚木市の精密機械工場にて塗床工事を行いましたので、その施工中の様子をご覧下さい。

前回の様子:床研磨とプライマー塗布


【中塗り塗装】

昨日の段階で、プライマー塗布を行っているので、今日は中塗り塗装を中心に作業を行ってます。

床の中塗り塗装(ケミクリートE)

今回使用する塗床塗料は株式会社ABC商会の「ケミクリートE」
厚膜型エポキシ樹脂系の塗床材です。

この「ケミクリートE」は、フォークリフトなどの重機が走行しても、耐えることができる耐久性の高い床材です。また、シームレスな仕上がりでアルカリ類や塩類などの物質に侵されにくいなど様々なメリットがあるんですよ。

しかしこの塗床材の特徴を最大限に引き出すのは職人の施工技術次第と言っても過言ではありません。

そんなプロの職人が施工する中塗りなんですが、上塗りの前に入れることで仕上がり後の床の強度がUPします。

じっくりと丁寧に塗装させて頂きました。


次回、中塗りが完全に乾いたのを確認してから、
上塗り塗装を行う予定です!

以上、現場からお伝えさせて頂きました。

プライマーの塗布

床研磨とプライマー塗布|神奈川県厚木市の精密機械工場にて塗床工事「1日目」

光コーティングの塗床の現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

7月に入り、個人の方、および工場関連の担当者の方から沢山のお問い合わせを頂いております!

塗床の施工スケジュールも埋まりつつありますが、これから暑くなるにしたがって、劣化した床は大変気になりますよね。

床の事で何かしらのお悩みがございましたら
まずは現状の状況をお聞かせ下さい!

塗床のプロフェショナルが過去の経験、そして現状の状況を確実に把握して、最適なご提案をさせて頂きます!


厚木市の精密機械工場にて塗床工事のご依頼

それでは現場の状況のご報告です!

今回は、厚木市を拠点とする精密機械工場にて塗床工事を行いましたので、その施工中の様子をご覧下さい。

借り手がオーナー様の許可を得て自社向けの床塗装(塗床)を施工したいとのご要望にお応えする形での施工となりました。

【施工前の状態】

まずは施工前の状態をご覧下さい。

すでにコンクリート床の上に床塗装が施工されてましたが、密着はしていると判断。

施工前の状態

しかし、機械を移動したのか一部未施工のところもあり、油の浸透が見受けられる箇所も‥。

床の油浸透

このままの状態で工場を稼働してしまうと、
更に劣化が進んでしまう可能性がありました。

【床の研磨作業】

既にある床塗装(塗床)の上を丁寧にダイヤモンド研磨していきます。

床の研磨作業

【プライマーの塗布】

塗床の最初はプライマーの塗布からスタート。

プライマーの塗布

既に構築されている塗膜と、これから施工する塗膜を密着させるために欠かせない工程です。


プライマーがしっかりと浸透して乾燥したのを確認したら、ケミクリートEの中塗り塗装を行う予定です!

以上、現場からお伝えさせて頂きました!