投稿

東京都八王子市の個人邸ガレージにて床塗装(塗床)工事

ガレージをプロ仕様の塗床にして、充実したガレージライフを満喫したい

そんなご要望を、ここ最近はホームぺージ、youtubeなどをご覧になったオーナー様から沢山の引き合いを頂戴してます。

こちらの写真は東京都八王子市の個人邸ガレージ。

ガレージ内の床塗装工事

今回は塗床工事をケミクリートEペースト工法にて施工させて頂きました。

光沢が高級感を醸し出して、
車やバイクが引き立ちます。

まるでディーラーのショールームを思わせるような、そのような雰囲気。

耐久性と美観を兼ねた床になることで、ガレージ内のインテリアが以前とはまるで別世界に変貌しました。

オーナー様が夢見た、大人の秘密基地の完成です。

床塗装チャンネル

鰻(うなぎ)の加工工場にて塗床(床塗装)工事

当社では様々なジャンルの加工工場の床メンテナンスを行ってますが、今回、施工させて頂いたのがウナギの加工工場

MMA塗床にて施工させていただきました。

MMA塗床

使用した塗床材は、
ケミクリートMSL。

工場の稼働ラインを止めることができない為、施工後1時間で歩行可能な超速硬低臭塗り床材である塗料を採用しました。

また臭いもほとんどなく、-20℃の低温下でも硬化する速硬化塗り床材。

更に大腸菌などに対する抗菌性もあるので衛生面にも好影響です!!

床塗装チャンネル

埼玉県川口市の貸工場にて床塗装(塗床)工事

今回 ご紹介させて頂く現場は、川口市の貸工場。

店子さんが出て「次のお客様が入るまでの間にメンテナンスしておきたい」との事で、床塗装を塗り替えました。

写真をご覧の通り、今ボロボロになっている塗膜は一旦剥がさないとダメです。

剥がれた塗床

コンクリート面を出してからしっかり塗床材を染み込ませます。

そうすることで、仕上がり後に剥がれにくく耐久性の高い床になってくれます。

床塗装チャンネル

静岡県田方郡の個人邸にてインナーガレージの床塗装(塗床)工事

本当に有難いことに、youtube経由でガレージの床塗装の引き合いを頂戴することが本当に多くなりました。

「為になった」という嬉しいお言葉も頂戴する反面、視聴者からの鋭いコメントなども(笑)

そのあたりを真摯に受け止め、改善しながらよりよい床塗装情報を皆様にお届けしていく所存です!!

さて、今回ご紹介させて頂く静岡県田方郡のお客様も、私の動画をご覧くださりお問い合わせ頂いた方。

個人邸でありながら、インナーガレージを所有されてるお客様の施工になります。

こちらが施工前の床の状態です。

施工前のガレージ床

しっかりと下地処理を行い、プロ仕様の薄膜タイプの床塗装を施工させて頂きました。

使用した塗床塗料は”ケミクリートEPカラー”の#1333(ブルー)

ガレージ内が高級感溢れる仕上がりになり、お客様の愛機も以前よりグッと映えることでしょう!!

お客様にも大変ご満足頂くことが出来ました!

床塗装チャンネル

東京都台東区の和食料理店 にて厨房の床塗装(塗床)現場調査

緊急事態宣言期間中、休業や時短をしている飲食店からの問合せが非常に多くなってきている今日この頃。

今回 ご紹介させて頂く現場もこのタイミングで床塗装のメンテナンスを検討されている台東区の和食料理店さまです。

お悩みは厨房の床塗装の剥がれ。

厨房の床塗装の剥がれ

床塗装の剥がれもさることながら、悩みの種は床コンクリートの水勾配が非常に悪く水が溜まってしまうとの事。

このような現状をしっかりと鑑みたうえで、排水溝の状況に最適な塗床材、および工法をご提案をさせて頂きます!

床塗装チャンネル

埼玉県鶴ヶ島市の部品工場にて床塗装(塗床)工事

今回 ご紹介させて頂く現場は 自動車の部品工場です。

場所は埼玉県鶴ヶ島市。

既存の床の状態を調査させて頂くと、部品を切削する際に必須となる切削油が大量に染み込んでいました‥。

切削油が大量に染み込んだ部品工場の床

このような場所に床塗装をする際は、きちんと表面を”はつった”り油面用の専用プライマーなどを駆使したうえで、塗床材を塗布しなければ耐久性の高い施工となりません。

性能の高い塗床材を使用することは当然ですが、今回のような現場の場合、いかに下地と主材が強固に密着するかが問われます。

床塗装チャンネル

床塗装(塗床)でペタペタしていたオフィスの床を問題解決!

厨房や工場・倉庫、ガレージの施工も多いのですが、オフィス(事務所)の塗床工事の施工も多く賜ってます。

今回ご紹介させて頂くオフィスは、なんとPタイルの接着剤(黒のり)が残っている状態で使われていました(汗‥

依頼主曰く、「ノリがペタペタして靴の裏が真っ黒になって困ってるんです‥」との事。

オフィスの床のクリア塗装

そんな状態だった為、既存のノリを完全に剥がして改めてクリア床塗装を施工し、お悩みを解決しました!!

床塗装チャンネル

埼玉県三郷市の金属の印刷工場の床塗装(塗床)工事

今回は 埼玉県三郷市の金属の印刷工場様より賜った、床塗装工事の様子をご紹介させて頂きます。

コンクリートのままでは作業中に落ちてしまったインクが染みるのと、ホコリが舞い上がってしまい印刷物に不具合が出ないようにするためです。

その為、床コンクリートの劣化状態をしっかりと見極め、最適な塗床材を選定したうえで、ベテラン職人が丁寧に仕上げました。

【床塗装(塗床)完工までの施工の流れ】

施工前

床コンクリートの研摩(床面の下地調整)

プライマー塗布から主材1回目の塗布

主材2回目の塗布

完工

床塗装チャンネル

短期間でメンテナンス希望の自動車整備工場の塗床(床塗装)塗り替え工事

床塗装工事を行いたくても、なかなか長い時間を営業を停止することができない‥。

そんなお悩みを解決するのが、
塗床材樹脂の硬化スピード。

今回 ご紹介させて頂く自動車整備工場さんも「床のメンテナンスをしていけれど、数時間営業を止めることが出来ない」との事でした。

自動車整備工場の床

本来であれば数日かかる工事内容ですが、超速硬化型の樹脂を使用して仕上げ、なんと施工後約2時間位で硬化する塗床材を使用し無事に施工が完了!!

短期間で施工されたい、もしくは営業を長い時間止めることができない業種の方には、非常に有難い塗料です。

床塗装チャンネル