投稿

東京都八王子市の個人邸ガレージにて床塗装(塗床)工事

ガレージをプロ仕様の塗床にして、充実したガレージライフを満喫したい

そんなご要望を、ここ最近はホームぺージ、youtubeなどをご覧になったオーナー様から沢山の引き合いを頂戴してます。

こちらの写真は東京都八王子市の個人邸ガレージ。

ガレージ内の床塗装工事

今回は塗床工事をケミクリートEペースト工法にて施工させて頂きました。

光沢が高級感を醸し出して、
車やバイクが引き立ちます。

まるでディーラーのショールームを思わせるような、そのような雰囲気。

耐久性と美観を兼ねた床になることで、ガレージ内のインテリアが以前とはまるで別世界に変貌しました。

オーナー様が夢見た、大人の秘密基地の完成です。

床塗装チャンネル

東京都葛飾区のラーメン店にて床塗装塗り替え前の現場調査

さあ、今日は施工中、仕上がり後のお話ではありません!

リアリティを感じる床塗装塗り替え前の現場調査の様子をお届けします。

こちらは東京都葛飾区の人気ラーメン屋さんの厨房。

床塗装塗り替えの現地調査の画像です。

ラーメン屋厨房の床塗装塗り替え前の現場調査

ご覧の通り、コンクリートの腐食やタイルの剥がれが明らかに見受けられますよね。

このレベルの劣化の場合、先に傷んだグリストラップの交換が最優先になります。

もしグリストラップの交換を行わず、床塗装工事を強行したならば、当然のことながら耐久性の低い、再度オーナー様を悩ませる結果になってしまいます‥。

そんな訳で、塗床をするうえで、下地の劣化状態を鑑みた施工をする大事さを皆さんに知って頂きたく、あえて施工前の現場をご紹介させて頂きました。

床塗装チャンネル

東京都台東区の和食料理店 にて厨房の床塗装(塗床)現場調査

緊急事態宣言期間中、休業や時短をしている飲食店からの問合せが非常に多くなってきている今日この頃。

今回 ご紹介させて頂く現場もこのタイミングで床塗装のメンテナンスを検討されている台東区の和食料理店さまです。

お悩みは厨房の床塗装の剥がれ。

厨房の床塗装の剥がれ

床塗装の剥がれもさることながら、悩みの種は床コンクリートの水勾配が非常に悪く水が溜まってしまうとの事。

このような現状をしっかりと鑑みたうえで、排水溝の状況に最適な塗床材、および工法をご提案をさせて頂きます!

床塗装チャンネル

東京都葛飾区の行列の出来るラーメン屋にて厨房床を調査

このコロナ禍にあって飲食店は非常に厳しい営業を強いられていますが、その中にあっても売上を順調に伸ばす店舗も見受けられます。

今回、ご相談頂いたこちらの葛飾区にあるラーメン屋さんもそのひとつ。

行列の出来るラーメン屋さんとして、地元では知る人ぞ知る有名店にて厨房床の調査をしてきました。

ラーメン屋にて厨房床

写真をご覧の通り既存のタイルが剥離し、モルタルは浮き上がり水が溜まっているがお分かりになると思います。

美味しいラーメンを提供し続けるが故に、床も劣化したと思われますが、このまま放置してしまえば衛生面にも影響する可能性も考えらますし、足元が滑ってしまい作業効率を落としかねません。

しかしながら、床塗装(塗床)で滑らず耐久性の強い床にリニューアルできます!

現在の劣化状況や作業環境を踏まえ、最適な塗料・工法をご提案させて頂きますので、ご期待くださいね!

床塗装チャンネル

東京都足立区の老人ホーム 厨房にて床塗装工事

我々がご依頼を頂戴するジャンル(業種)は多種多様です。

厨房といっても飲食店から旅館、
学校などさまざま。

今回 ご紹介させて頂く床塗装現場は老人ホームの厨房です。

既存の床コンクリートの状態は、床塗装が摩耗して塗膜がなくなっている状態でした‥。

老人ホーム厨房の剥がれた床

厨房内はスタッフさんの歩行頻度が高いのでこういった摩耗や剥がれが良く見られます。

しかしながら そのあたりの現場の状況をしっかりとイメージして、施工する側が最適な塗料を使って施工出来れば、また違った結果になるのは言うまでもありません。

施主様のお気持ちを考慮して、いかに価値を創造できるか

この気持ちを持って、しっかりとご満足頂けるよう施工して参りたいと思います!

東京都内の唐揚店にて剥がれてしまった厨房床塗装の現場調査

最近 目に付く唐揚屋さん。

ここ最近はファミレスなどでもテイクアウトで唐揚を扱う店が増えたり、唐揚専門店がオープンしたりと何かと目に付くようになりました。

そんな”唐揚需要”が広まりを見せる中、店舗内の床メンテナンスも比例して多くなってます。

そこで 今回 ご紹介させて頂く床塗装現場は、都内の唐揚げ店舗。

「厨房床塗装が施工早々に剥がれて困っている‥」

との事で相談がきました。

現場調査させて頂くと、既存の床は薄膜のウレタン床塗装で施工してある模様。

しかしながら、厨房は厨房用の厚膜タイプの床塗装で施工する事が基本。その為、床塗装材がいたるところで剥がれている状態でした‥。

唐揚店の剥がれてしまった厨房床塗装

基本を忘れてしまった施工は、結果的にはお客様に多大なる迷惑をかけてしまいます。

今回も、現在の厨房環境をしっかりと鑑みた上で、

  • どの塗床材が最適か
  • 塗床材の性能が最大限に発揮しやすい工法はどれか

など徹底的にお客様へ説明した上で施工を進めていきたいと思います。

東京都内のパスタ専門店の厨房にて特殊床塗装

コロナ禍に伴う緊急事態宣言や飲食店の時短営業などで、この間に床のメンテナンスを済ませておきたいという相談が増えています。

ちょっと前の事例になるのですが、今回 ご紹介させて頂くのが東京都内で施工を行ったパスタ専門店の厨房。

パスタ屋さんも熱湯や油などの使用頻度が多いので、どうしても厨房の床が傷みます。

パスタ屋厨房の床

年末の休日を利用して塗床(特殊床塗装)で塗り替えました。

パスタ屋厨房の特殊床塗装

「クリーンな厨房に生まれ変わって良かった」とオーナー様からお褒めの言葉を頂戴した次第です!!

床塗装チャンネル

東京都内のパスタ屋さん厨房の床塗装工事

今回 ご紹介させて頂くのは、東京都内のパスタ屋さんの厨房床塗装工事の様子です!!

タフクリートFL(水性硬質ウレタン塗床材)

こちらは床塗装後の写真ですが、タフクリートFL(水性硬質ウレタン塗床材)で仕上げました。

更に ピザ生地を作るところはフラットにして、
粉の掃除を容易にします!

塗床工事は単に耐久性や美観を良くするだけでなく、いかに仕上がり後の床の使われ方をイメージ出来るかも大事

今回もピザが出来上がるまでの工程をしっかりとヒアリング、更に実際に作っている時の話などを現場スタッフに聞いて施工を進めさせて頂きました!!

床塗装チャンネル

東京都千代田区の中華料理店厨房にて床塗装工事

今回 ご紹介させて頂く現場は、東京都千代田区の中華料理店厨房。

まずは施工前の床の状態をご覧下さい。

中華料理店の劣化した床

中華料理屋さんの厨房はまるで戦場を思わせるような雰囲気だけあって、熱湯や油などが繰り返し床に流れ込み、水溜まりが出来たりしてダメージが蓄積する傾向にあります。

しかしながら、このように劣化した状態でもここまでキレイに施工可能!

中華料理店の劣化した床の床塗装後

ちなみに 今回使用している塗床材は滑り止付きの塗料『ケミクリートE#1316』を採用。

オーナー様が悩まれていた水溜まりもバッチリ解消して、お掃除が数倍楽になるはずです!!

床塗装チャンネル

東京都東村山市にて屋外ガレージの床塗装工事

今回は 東京都東村山市で施工を進めている、塗床工事の様子を一部ご紹介させて頂きます!

こちらは屋外ガレージのコンクリート床。

エポキシ樹脂厚膜の床塗装(塗床)を施工させて頂きました!

エポキシ樹脂厚膜の床塗装(塗床)

床工事前はコンクリートが劣化して汚ない状態でしたが、写真をご覧の通りスッキリ綺麗になりました!

また、仕上がりの美観もさることながら、厚膜の塗床なので耐久性も期待できます!!

床塗装チャンネル

東京都多摩地区にて屋外駐車場の床塗装工事

今回は、多摩地区で施工を進めている、屋外駐車場の塗床工事の様子を一部ご紹介させて頂きます!!

まずは床塗装前の状態をご覧下さい。

床塗装前

しっかりと適切な工程を踏んで塗膜を形成し、こちらの写真が上塗り後の状態です。

綺麗に仕上がりました。

床塗装後

しかし、ここで予想外のアクシデントが‥。

この日の夕方に上塗りしましたが、夜中から大量に雨が降ったために一部水捌けの悪い場所が白く変色。

白く変色した塗床

これは気温の低い冬場に出やすい症状なので注意が必要なんです。

様々な塗装工事の中でも 塗床はとってもデリケートな一面を持っているため、塗装技術はもちろんの事、気温や気候などにも配慮せねばなりません。

今後も寒くなる日が続くので、しっかりと状況を見極めながら、床塗装工事を進めて参りたいと思います!!

床塗装チャンネル

東京都中央区のマンションゴミ置き場にて床塗装のトラブル

床塗装施工ブログをご覧頂きありがとうございます!

今回は、東京都中央区の某マンション ゴミ置き場にて行っている、床塗装工事の様子を一部ご紹介させて頂きます!!

まずは百聞は一見に如かずということで、
写真をご覧下さいませ。

床の剥がれトラブル

塗床材が剥がれてしまっているのがお分かり頂けるかと思います‥。

コチラ、立ち上がりに防塵塗装したところ剥がれてしまいました‥。

原因は元請けさんによる下地修正の際に、薄塗左官補修材を使ったためと想定されます。

改めて補修が必要になってしまいましたが、これもある意味で良い経験として捉えて、これからの床塗装現場に生かしていきたいと思います!

床塗装チャンネル