投稿

キレイで擦り減りに強い床コンクリートへリニューアル

先日からお伝えさせている倉庫で行っている塗床工事ですが、大詰めを迎え間もなく施工が完了する所まで進みました。

施工前はこんなに汚かった床コンクリート。

床塗装前のコンクリート

ケミクリートEPカラー(エポキシ樹脂薄膜タイプ床塗装材料)を塗布する事で、見違える程キレイになりました。

ケミクリートEPカラー(エポキシ樹脂薄膜タイプ床塗装材料)を塗後

しかしながら、単純にキレイになっただけではありません。

擦り減りに強く、以前床から舞い上がっていたホコリを防止するため、倉庫内での作業の効率アップも見込めます!!

床塗装チャンネル

倉庫内でのフォークリフト走行に耐える為に重要な床補修(エポキシ樹脂)

今回も引き続きになりますが、床塗装を行う前のコンクリート補修について、少しだけかいつまんでお話させて下さい。

【前回の記事】倉庫内の打ち継いだ床コンクリートは脆い

前回、新旧コンクリートの打ち継ぎ部分は脆い、というお話をさせて頂きました。

では、どうすれば打ち継ぎ部分の劣化を極力防ぐことができるのか?

その大きなポイントが段差解消です。

倉庫内の床コンクリート段差解消

この段差を出来る限り無くすようにしてフォークリフトの走行時にスムースになるようエポキシ樹脂で補修していくことが非常に重要です。

倉庫の床を長持ちさせる為には、いかに下地補修の段階が大切かを、これから倉庫の床メンテンナンスを検討されている皆様に知って頂きたいと思います!!

床塗装チャンネル

倉庫の床コンクリートを薄膜床塗装で美しく摩耗に強い仕上がりに

今回も引き続きになりますが、某倉庫にて施工している床塗装の様子をご紹介させて頂きます!

擦り減りが酷くてお悩みだった柔らかな床コンクリート。

エポキシ樹脂系の薄膜床塗装

下地からしっかりと固く補強し、更に大・小様々なひび割れ(クラック)を消したうえで、摩耗に強いエポキシ樹脂系の薄膜床塗装で美しく仕上がりました!!

床塗装チャンネル

床コンクリートの太いひび割れ(クラック)の補修

今回も引き続きになりますが、某倉庫で施工させて頂いてる床補修の様子をご紹介させて頂きます!

本格的に塗床工事を行う前に、コンクリートの下地を補修するところから作業をスタートします。

エポキシ樹脂の充填

その中で、特に太いひび割れ(クラック)に関しては注意を払わなければなりません。

単なる補修材で対応するだけではなく、あらかじめ電動のダイヤモンドカッターでクラックにUの字型に切り込みを入れていきます。

その後、エポキシ樹脂をひび割れの奥に行き届くようたっぷりと充填して、ひび割れの左右をがっちり固め再発を防止。

コンクリートの下地をしっかりと補修したうえで、この後、主材である塗床材を塗布していきます!!

床塗装チャンネル

既存の床コンクリートの脆弱層強化性能を考慮した塗床工事

床コンクリートには環境などによってコンディションはまちまちの状態ですが、場合によっては柔らかくなってしまっているコンクリートもあります。

今回 ご紹介させて頂く倉庫も柔らかいコンクリートを強靭なコンクリートに改質するために、株式会社ABC商会製のハードナーSを塗布含浸させます。

株式会社ABC商会製のハードナーSを塗布

この画像は2回塗っているところで、しっかりと浸透しさせて脆弱層を強化していきます。

コンクリートが脆弱な状態になってしまっていた場合、主材の塗床塗料を塗布する前の下地調整が非常に重要になってきます。

このように仕上がり後の状態だけでなく、完成後には見えない工程が、最終的に耐久性の高い塗床になっていきます!

床塗装チャンネル

倉庫内の荷物を汚す床コンクリートの状態とは?

倉庫内の床塗装(塗床)を検討されているお客様のお悩みの中に「床から舞い上がるホコリなどで荷物が汚れる」という相談を頂くことがしばしばあります。

これは床が劣化が起因しているのは言うまでもありません。

下の写真は某倉庫内の床コンクリート。

倉庫内の荷物を汚す床コンクリート

倉庫の床コンクリートは皮付きでゴシゴシこすってみましたが、表面がサクサクで柔らかい状態です。

このような状態だと、コンクリートが削れて誇りの発生源となり荷物を汚してしまうのです。

もしこのような状態になってしまっていたら、早めのメンテナンスを検討すべき時期に差し掛かっていると思ってくださいね!

床塗装チャンネル

倉庫内のコンクリート床には大小さまざまなひび割れ(クラック)がいっぱい

倉庫のコンクリート床に多数のひび割れが発生しています。

その大きな理由として フォークリフトなどの重機の移動などが起因して、様々なひび割れが発生。

こちらの画像では大きいものしか見えませんが、実際には亀甲クラックと言って細かいひび割れが多数見られる状態です。

 倉庫内のコンクリート床のひび割れ

ひび割れの状態によって施工方法や選択する塗料に違いが出てくるので、しっかりと床の状況を見極めながら施工を進めることが重要です。

床塗装チャンネル

厨房床のコンクリートを若返らせる塗床工事

今回 ご紹介させて頂くのは、厨房の床塗装工事の様子です!!

写真は50年以上経過した厨房の床コンクリート。

劣化した厨房の床コンクリート

ご覧の通り ひび割れが発生したりなど、かなり年季が入っているのがお分かり頂けるかと思います。

このひび割れている老朽化したコンクリートを若返らせるために、劣化の状況に併せた床塗装(塗床材)を施工します。

ちなみに、床に仕上げをし補強するのは塗床材のみ。

最近は化粧品でお肌を若返らせる「エイジング化粧品」なるものが流行っていますが、まさに床もエイジングしていくことが非常に重要!!

人間も床も若返りはとっても大切なんです(笑)

床塗装チャンネル

埼玉県新座市の出版社倉庫にて床塗装工事

今回は、埼玉県新座市の出版社の倉庫にて施工させて頂いた床塗装中の様子をご紹介させて頂きます!!

まずは塗床前の状態をご覧下さい。

施工前の床

Pタイルの床ですが劣化して剥がれていたり、ひび割れが散見されました。

まずは、Pタイルを剥がすところから作業を開始!

既存Pタイルの剥がし

その後、床面のクラックをしっかりと補修してからプライマーを塗布し、塗床材を厚みを付けながら均等に塗布していきます。

床のクラック補修

塗床材の上塗り塗装

そしてコチラが床塗装(塗床)の塗り替え後の状態です!!

床塗装後

流石にPタイルと違って継ぎ目がなくてフラットでスムースになりました。これで作業する際のストレスも大幅に軽減されることでしょう!

床塗装チャンネル

埼玉県越谷市の自動車整備工場にて洗車場のコンクリート床を塗装

今回 ご紹介させて頂く現場は、埼玉県越谷市の自動車整備工場で行っている床塗装現場です!!

こちらは洗車場のコンクリート床。

洗車場のコンクリート床

コンクリートのままで水とシャンプーを使い続けると、コンクリート表面がボロボロに劣化します。

出来ることなら新設時に施工することをお勧めします!!

床塗装後の洗車場コンクリート床

床塗装チャンネル