投稿

ガレージ(車庫)内のコンクリートは雨水の浸食に注意すべし!!

本日は4月1日という事で新年度がスタート。

関東一円ではサクラの開花宣言も観測史上最も早く、街路樹や公園のサクラも少しづつ緑色が色濃くなってきました。

これからGWが月末に控えてますが、この時期になると大気が不安定な状態になり、最近は局地的大雨で様々な被害が発生する時期‥。

雨は屋外の建物にも被害を及ぼしますが、我々の仕事ではいえばガレージのコンクリート面などに影響が出る事がしばしば。

雨樋などからガレージコンクリート上を流れる水によって少しずつ侵食されるケースがあるんです。

ガレージコンクリート上の水浸食

このまま放っておくと雨水がひび割れなどに侵入し、床のコンディションが時間をかけて低下する恐れも‥。

しかしながら床塗装すれば雨による浸食が防ぐことができます。

また塗膜を形成することでガレージ内のホコリも舞い上がりを極力防ぐメリットもあるため、オーナー様の愛車のコンディション維持にも直結。

そんな訳でガレージの床塗装はあらゆる面でメリットがあります!!

床塗装チャンネル

長野県佐久市の個人邸ガレージにて床塗装工事

今回は 長野県佐久市の個人邸のガレージにて床塗装をさせて頂いた現場の様子をご紹介させて頂きます!

ちなみに個人邸でありながら120㎡のガレージの広さ。

個人邸ガレージにて床塗装工事

業者顔負けの大きさを誇るガレージを所有出来るなんて素晴らしいですね。

『よく仕事してよく遊ぶ』、施工しながらこの基本的な考えを再認識させられました!!

ガレージ(車庫)の床塗装前に行う下地処理がキレイの秘訣

数々の床塗装の現場で施工する中で、下地処理ほど重要なものはありません。

こちらの写真は上塗り前のエポキシ樹脂パテ。

床塗装前の下地処理(パテ補修)

気になる段差や小穴、クラック(ひび割れ)を塞ぐことで仕上がりがグッと良くなるんです

キレイに仕上がるとまるで我がガレージのように嬉しくなっちゃうんですよね~。

そんな訳で、ご依頼頂いた施主様が笑顔になるよう、心を込めて床塗装させて頂きます!!

床塗装チャンネル

千葉県東金市にてガレージ内の湿気対策に伴う床塗装工事

今回は 千葉県東金市のバイクガレージにて施工させて頂いた事例をご紹介させて頂きます!!

今回は湿気対策に伴う床塗装工事。

バイクを駐車するガレージでしたが「床面の壁際からジメジメ湿気が入ってくる」との事。

ガレージの床塗装前

せっかくの愛機を湿気に晒されたくないといとのご要望で、床塗装させて頂きました!!

ガレージの床塗装中

こちらが仕上がりの状態です!

ガレージの床塗装後

下地処理から塗床材塗布まで一切手を抜かず、強固な膜厚を形成した事もあり、気になっていた湿気も収まっているようです!!

床塗装チャンネル