東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH

東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH
東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH

【東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH】

1.配管工事の後を塗床で時間短縮

飲食店厨房の配管やり替え時に、配管をモルタルで埋め戻してからタイルを張る代わりに、塗床で補修します。

塗床で補修すれば、コンクリートを斫って配管を設置、埋め戻しながら塗床で補修が可能なので、時短が可能です。

さらに、タイルよりも圧倒的な強度のある塗床材を使用することで、時短と補強の両方が可能です。

2.塗床って何?

塗床とは、厨房・工場・倉庫などのコンクリート床を守るために塗る厚塗りの塗料を言います。

ペンキ屋さんの外壁塗料と違い圧倒的な特徴があります。

  • 酸(腐食)に強い 

  厨房・食品工場では、砂糖・塩・しょうゆ・サラダ油等床にこぼれ酸化する物質や食毒液を使用する。

  • 摩耗に強い           

  歩行頻度が高い厨房は、同じところを歩き回るために摩耗に強い方が良い。

  • 衝撃に強い           

  物を落としたりして欠けてしまうタイルに比べて耐衝撃性が高い。

  • 耐熱性             

  熱いお湯を流すことも考えられるので、耐熱性は重要。

  • 滑りにくさ            

  両手に物をもって歩行することもあるので、滑らないことが大切。

  • 補修性              

  部分補修が容易。夜間のうちに直すことも可能。(速硬化性)

  • 密着性             

  タイルに比べてコンクリートへの密着性は圧倒的。

3.施工には技術が要る

高性能を誇る塗床の施工は、押さえるべき事項(知らないとクレームを起こす)と熟練技術が要ります。

(有)光コーティングはABC商会の正規代理店です。

㈱エービーシー商会特約販売店証書

施工内容 飲食店厨房の配管埋め戻し部分塗床補修工事
建築形態 飲食店厨房
施工地域 東京都新宿区
工期 1日
施主 飲食店舗オーナー
お問合せの種類 弊社WEBサイトより
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 厨房の配管をやり直し、モルタル埋め戻し→タイル張りの代わりに、速硬化下地材60で埋め戻し、タフクリートMH(塗床材)で補修しました。タイルを張るよりも頑丈になります。
担当者写真
東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH

施工前の診断

東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH

配管の漏れを直した跡。

東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH

側溝の際も穴が開いて貫通している状態

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】タイル剥離ごのコンクリートを十分に研磨します。研磨をしっかりやることで、塗床材:タフクリートMHの食いつきを良くします。

東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH

手順②. 塗床の施工

【光コーティングの解説】タフクリートMHをタイル剥離の厚さに合わせて均してから、金ゴテでしっかり押さえて強度を確保します。ここで使用している材料は、水性硬質ウレタンという材質で、大変強度が高い塗床材です。

東京都新宿区の飲食店厨房|タイル剥がれ塗床工事:タフクリートMH

床塗装工事実績カテゴリの最新記事