床塗装工事実績 新着情報 東京 エリア ガレージ

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

【東京都墨田区の吉兼様ガレージ(駐車場)滑り止め床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法】

1.床塗装(塗床)とは?

エポキシ樹脂や硬質ウレタン樹脂などの石油由来の材料を使用した床塗装とか塗床と呼ばれるものをいいます。

ガレージ(駐車場)に施工した場合の材料の特長(お客様のメリット)としては下記の様になります。

  • ホコリが立たない
  • 滑りにくくすることが可能
  • すり減りにくい
  • 車のオイルがコンクリートにしみこむのを防止できる
  • キレイになる(明るい感じになる)
  • 建物の高級感が増す
  • 自動車の好きな人や整備の好きな人は趣味の整備工場を持った気分が得られる

2.床塗装(塗床)を施工できる業者

床塗装(塗床)の材料は、メーカーによる施工技術を取得した工事店が行います。

町の塗装屋さんや、防水屋、左官屋さんで施工することはできません。

時折、説明書を見ながら施工して失敗しているのを目にしますが、工場生産品でない床塗装(塗床)は施工する人の技量以上には決してなるものではありません。

一部材料販売もされているために、塗装屋さんが施工するケースもありますが、硬化不良を起こしたり、研磨しないで塗装したり、コテ筋(コテで材料を流した模様が塗膜に残ること)が出たりするケースもあります。

1.で挙げましたお客様のメリットを確かなものにするためにも、床塗装(塗床)専門の工事店に施工してもらうのが、一番良いと考えます。

また、任せて良いかどうかを判断するときには、メリットだけを言う工事店よりも、デメリットもはっきり教えてくれるところが良いです。

メリットはカタログに書いてあるので、昨日入った営業マンでも言えます。デメリットを言えるのは経験豊富な証拠です。

施工内容 マンションガレージ床塗装(塗床)工事:ケミクリートEローラースチップル工法
建築形態 マンションオーナー様のガレージ
施工地域 東京都墨田区
工期 3日間
施主 マンションのオーナー様
お問合せの種類 弊社webサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント マンションオーナー様の個人ガレージです。バイクと車を駐車されるスペースで、オイル等の浸み込みを防止する目的で床塗装(塗床)を施工することになりました。高機能を持つ床塗装をすることで、(しかもプロ用の仕様です。)満足感も得られますし、防塵仕様になりますので、車やバイクもホコリっぽくなりにくくなります。
担当者写真
東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

施工前の診断

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

床塗装(塗床)施工前のガレージ(駐車場)のコンクリート床面。カッター目地を入れるお願いをしたのですが抜き目地になっていました。通常4mm幅25mm深さ位ですが、幅10mm深さ50mm位の大きいものになっています。施工しずらいです。

施工手順

手順①. 床面研磨

【光コーティングの解説】ポリッシャーでコンクリート表面に付着している粉状の脆弱な部分を取り除き、より強度のあるコンクリートの本物部分をむき出しにしています。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順②. 清掃

【光コーティングの解説】電気掃除機で十分にホコリを取り除きます。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順③. プライマー

【光コーティングの解説】床塗装(塗床)施工の最初の工程、「プライマー」を塗布しています。プライマーは接着材のようなものと考えて頂いて良いです。仕上がると見えなくなりますが大事な工程です。心を込めてより深くコンクリートに浸透するよう念じながら施工しています。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順④. プライマー完了

【光コーティングの解説】吸い込みがないのを確認します。キチンと塗り残しなくプライマーが塗布出来ました。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑤. 目地の処理

【光コーティングの解説】目地にエポキシ樹脂を充填しているところです。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑥. プライマー

【光コーティングの解説】プライマーを塗布します。プライマーは下地のコンクリートと床塗装(塗床)を密着させるための接着剤の役割があります。最初に研磨したのは、コンクリート表面に凸凹を付けることで密着する面積を増やし剥離しないようにするためです。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑦. 中塗り

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂と硅砂を混ぜて塗布します。中塗りの役割はコンクリートの凸凹を消して美しくすることと、厚さを確保することで強靭な床塗膜を作ることにあります。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑧. 中塗り完了直後

【光コーティングの解説】全体に中塗りした画像です

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑨. 上塗り

【光コーティングの解説】ケミクリートEの上塗り完了の画像です。表面がフラットになります。滑り止めを付けない場合はここで終了。今回の現場は滑り止めを付けます。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑩. ケミクリートE・RSトップコート塗布

【光コーティングの解説】スチップル状の弱くて、通常の防滑仕上げより汚れにくいトップコートを塗布しました。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑪. 完成

【光コーティングの解説】ガレージ外部から見た床塗装完了の状況

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑫. アクシデント発生

【光コーティングの解説】仕上がり翌日 東京で降雪がありました。塗り終わったばかりのエポキシ樹脂床塗装(塗床)の上に水分が接すると、白っぽく変色します。よく見ると白くくすんでいます。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

手順⑬. トップコート全面塗り

【光コーティングの解説】耐候性の良い(紫外線による色あせしない)トップコートを追加して塗布しました。お客様のご契約は、耐候性トップコートはない仕様でしたが、結果塗布させていただくこととなったために、より良い結果となりました。

東京都墨田区の吉兼様マンション|ガレージ床塗装(塗床):ケミクリートEローラースチップル工法

Comments are closed.

Powered by: Wordpress