床塗装工事実績 エリア

茨城県内某倉庫|厚膜塗床塗り替え工事:ケミクリートE

茨城県内某倉庫|厚膜塗床塗り替え工事:ケミクリートE

既設エポキシ塗床(塗り床)(床塗装)の改修工事。年月を経て、フォークリフトの走行や重量物の落下によるキズが発生している。また、フォークリフトで重量物を押し引きするときに付くフォークの爪痕もありました。エポキシ樹脂系塗床で改修する場合は、2mm以上の厚さが推奨されています。材質的には、硬質ウレタンが落下キズに強いのですが、工期がエポキシ樹脂よりかかるため、余裕のない現場には使用出来ないのが現状です。

 

施工内容 防塵塗装塗り替え工事
建築形態 倉庫
施工地域 茨城県
工期 2日間
施主 倉庫オーナー
お問合せの種類 紹介
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 施工に許された時間がタイトだったので、皆で頑張って 施工しました。
担当者写真
茨城県内某倉庫|厚膜塗床塗り替え工事:ケミクリートE

施工手順

手順①. 既設床塗膜研磨

【光コーティングの解説】既設エポキシ塗膜をダイヤモンド研磨機で研磨

茨城県内某倉庫|厚膜塗床塗り替え工事:ケミクリートE

手順②. プライマー塗布

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂系プライマー塗布

茨城県内某倉庫|厚膜塗床塗り替え工事:ケミクリートE

手順③. ペースト塗布

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂に硅砂を混ぜたものを金鏝で塗布します。

茨城県内某倉庫|厚膜塗床塗り替え工事:ケミクリートE

手順④. 上塗り

【光コーティングの解説】上塗りを均一に塗っていきます

茨城県内某倉庫|厚膜塗床塗り替え工事:ケミクリートE

Comments are closed.

Powered by: Wordpress