厨房床塗装の剥がれ対策|床塗装はなぜ剥がれやすいのか?

厨房床塗装の剥がれ対策|床塗装はなぜ剥がれやすいのか?

【厨房床塗装の剥がれ対策|床塗装はなぜ剥がれやすいのか?】

1.ハゲハゲの床塗装、よく目にします

厨房の床塗装がハゲハゲになっているのをよく見ると思います。塗装が剥がれるか摩耗してほとんどコンクリートが出ている場面がよくあります。

でも、床が摩耗しても特に滑る訳でもなければそのまま放置。よくあります。なぜなら、コンクリートが露出してもコンクリート表面はザラザラしているので滑りにくいからだと推測します。

神奈川県横浜市の飲食店(カレーのバーグ様)店舗厨房床塗装(塗床)工事

2.床塗装の剥がれはなぜ起こる?

最大の原因は、次の2つだと考えられます。

1.床塗装の塗膜厚が薄い

床塗装材料は、すり減りに強いとか密着力が強いと言いますが、適正な膜厚がないと衝撃や摩耗による剥がれが起きます。

そして次に水・お湯・油などが剥がれの隙間に浸透し、接着面をどんどん侵していきます。

2.熱水を床に流す。

良く厨房に使われていたエポキシ樹脂系塗床材は、耐熱性が高くありません(50~60℃)。熱水を直接床に流したり、回転釜から飛び散る熱水・洗浄機から漏れ出る熱水がかかると柔らかくなって剥がれることがあります。

3.まとめ

熱水がかかることにより床塗装が剥がれるので、熱水がかからないように設備を工夫するか、熱水で剥がれない床塗装に塗り替えることで安全で清潔な厨房を実現出来ます。

広い厨房は夜間の改修を数度に分けてエリアごとに施工することで、時間的な制約をクリアできます。

 

 

床塗装工事実績カテゴリの最新記事