東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10
東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

【東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10】

1.エポキシ塗床を帯電防止(静電気防止)塗床に変更

電子機器工場で現在使用中のエポキシ樹脂塗床材が、

帯電(静電気を帯びること)して支障がでるので、帯電防止塗床に塗替えました。

既に、強度のあるエポキシ塗床が施工されている床に土日

の2日間で帯電防止塗床に塗替え工事を行いました。

2.エポキシ塗床と静電気

エポキシ塗床は、石油由来原料のため、ある種プラスチッ

クと同じです。

プラスチックが帯電することは多くの人の知るところで

す。

従って、人が歩行したり、擦れたり、物を置いたり、持ち

上げたりする際に帯電します。

エポキシ塗床から帯電防止のエポキシ塗床に塗替えると

次のメリットが得られます。

●手指の電撃ショックを防止

●機械の誤動作防止

●電子部品の破損防止

●ホコリの付着防止

●クリンルームのクリン度を上げる

●引火・爆発の防止

加えて帯電防止塗床は、エポキシ塗床の持つ耐摩耗性や

耐薬品性、耐荷重性、防塵性などの性能も併せ持っていま

す。

3.帯電防止塗床の施工精度

帯電防止塗床材は、まず、帯電防止プライマー(導電粉末

の入った下塗り)の塗布量を一定量かつ均一に塗布する

必要があります。

また、上塗りも決められた量より少なくても多くても電気

の流れに支障を来す、大変技術のいる工事です。

施工内容 電子機器工場のエポキシ帯電防止塗床施工
建築形態 工場
施工地域 東京都立川市
工期 土日の2日間
施主 工場オーナー様
お問合せの種類 弊社WEBサイトより
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 帯電防止塗床への塗かえは、専門知識が必要です。 現地調査やお見積りは無料です。 親切・丁寧にわかるまでご説明させていただきます。
担当者写真
東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

施工手順

手順①. 施工前

【光コーティングの解説】施工前の画像です。

東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

手順②. 床研磨

【光コーティングの解説】エポキシ塗床の表面をポリッシャーで研磨します。帯電防止塗床の密着をよくするために行います。

東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

手順③. 帯電防止プライマー塗布

【光コーティングの解説】導電粉末入りの特殊プライマーを塗布しています。定められた塗布量と均一さに注意して塗布します。

東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

手順④. 帯電防止塗床上塗り

【光コーティングの解説】ケミコンダクトS-10上塗りを均一な塗布量をチェックしながら塗り広げます。

東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

手順⑤. 完成

【光コーティングの解説】ケミコンダクトS-10の上塗りが完了しました。1週間くらい経過すると静電気の流れる値が安定してきます。

東京都立川市の工場|エポキシ塗床を帯電防止に塗替:ケミコンダクトS-10

床塗装工事実績カテゴリの最新記事