東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

【東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH】

1.厨房床塗装の典型的な剥がれ

典型的な剥離例の一つです。

厨房床塗装は、標準的にはエポキシ樹脂系の防滑仕上げが多いのですが、こちらの現場は、弾性ポリウレタン樹脂系塗

床材が使用されていました。

ポリウレタン系塗床材は、厨房床に使用すると柔らかいゆえに切れたり、浮いたりするので普通使用しないものです。

どういうわけかこちらの厨房に使用されていました。

2.熱水のかかる床とかからない床の床塗装仕上げ

熱水のかからない床には、安価なエポキシ樹脂塗装の防滑仕上げ厚さ2mm程度も使用することが出来ます。

正しい施工方法をすればそこそこ長く使えます。

熱水のかかる厨房には水性硬質ウレタンが理想です。

熱水と冷水が交互に流れるようなヘビーデューティな使用にも大変高い耐久性を持っています。

代表的な材料に、「株式会社エービーシー商会のタフクリートMHがあります。」

タフクリートMHは食品工場から飲食店舗の厨房まで幅広く使用されています。

防滑性と超耐久性を持つ厨房・食品工業向けの床塗装材料としてはナンバーワンの実力を誇ります。

ただし、高性能床材になればなるほど、施工に高い技術が必要となります。

専門の施工店がしっかり仕事することで、本来の床塗装材の持つ高機能性が生かされます。

ちなみにタフクリートMHは、金ゴテで施工する商品で、塗装屋さんでは施工できません。

施工内容 厨房床塗装剥がれの補修
建築形態 工場の厨房
施工地域 東京都八王子市
工期 1日
施主 工場
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 厨房は器具の落下衝撃や、熱水と冷水が交互に流れるなど、床塗装にとっては過酷な環境下で使用されるものです。お客様がご依頼されている業者様は適切な工事が出来ますか?
担当者写真
東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

施工前の診断

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

厨房の床塗装は排水溝の周辺から剥離が始まる。一度剥離すると水が下に回って拡がります。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

厨房に施工された床塗装はウレタン系の柔らかい床材です。厚みが薄くぺらぺらな状態です。

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】現在の床塗装塗膜を剥がし、むき出しのコンクリートをしっかり研磨します。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

手順②. 床塗装施工中

【光コーティングの解説】回転釜の下で熱水がかかる恐れのある部位を、100℃の耐熱性を持つ、タフクリートMHで施工している画像です。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

手順③. 施工されたタフクリートMHの見た目

【光コーティングの解説】タフクリートMHは熱水・冷水が交互に流れる場所でも抜群の剥がれにくさを誇ります。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

手順④. 耐熱性のいらない一般エリアの下地処理

【光コーティングの解説】耐熱の必要ないエリアの剥離部も同じようにコンクリートまでむき出しにして研磨します。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

手順⑤. プライマー

【光コーティングの解説】最初にプライマーと呼ばれる下塗り材を塗布します。コンクリートにしっかり密着させる最初の工程です。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

手順⑥. 中塗り+防滑骨材

【光コーティングの解説】中塗り施工後ただちに防滑骨材(滑り止め)を散布した状態です。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

手順⑦. 上塗り

【光コーティングの解説】ケミクリートEの上塗り施工中。上塗りをかけることで、防滑骨材をしっかり固定・固着します。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

手順⑧. 仕上がり

【光コーティングの解説】回転釜下の最も剥離しやすい部位にタフクリートMHの施工が完了しました。

東京都八王子の工場|厨房床塗装補修工事:タフクリートMH

床塗装工事実績カテゴリの最新記事