床塗装工事実績 新着情報 神奈川 エリア 倉庫 物流センター

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

【神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)】

1.紙の倉庫の床に求められる塗床

紙の倉庫は一時的にコンクリート床に紙のロールを一時的に直置きせざるを得ないものです。

機械に掛ける前などに置かざるを得ないことがあります。

紙は床の段差や突起で容易に傷つくので、床にクラック(ひび割れ)が生じたりすると紙がよじれたり均一な品質を維持できなくなります。

紙の倉庫としては、一番気を付けなければいけないことのようです。

2.でも、時間がない

大丈夫です。短時間で硬化し、フォークリフトの走行にも耐える塗床材を使用すれば難なくクリアできます。

超速硬化型のMMA塗床材を充填、平滑化することで解決できます。

この材料は、1時間程度で完全硬化しフォークリフトが乗ってもびくともしなくなります。

また、クラックだけでなく現在あるコンクリート目地にも充填できます。

充填することにより、目地の角欠けも防止できます。

施工の画像を載せていますので、ぜひお困りの方は参考にしてください。

施工内容 コンクリート床のクラック・段差補修
建築形態 紙の倉庫
施工地域 神奈川県厚木市
工期 1日
施主 倉庫のオーナー様
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント コンクリートのひび割れ(クラック)はモルタル詰めをしてもすぐに割れてしまいます。樹脂を使用して充填すれば口が空くことを防ぎ、倉庫の使い勝手が向上します。お気軽にご相談ください。
担当者写真
神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

施工前の診断

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

倉庫の入り口にクラックが入っている。頻繁に通行するので角が欠けて大きく広がっている。ここまで広がるとフォークで走行するときに跳ねて不快で危険。

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

縦・横の目地も左右に欠けが多数認められます。この目地の上に紙のロールを置くと、傷がつきます。

施工手順

手順①. クラック・目地に沿ってカット

【光コーティングの解説】クラック・目地に沿ってダイヤモンドカッターで幅広にカットします。これは樹脂を充填するときに十分な量の材料が充填できるようにするために行います。

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

手順②. MMAプライマー塗布

【光コーティングの解説】目地に沿ってMMAプライマーを塗布します。プライマーとは接着剤のようなものと理解してください。

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

手順③. MMA樹脂の充填

【光コーティングの解説】MMA樹脂を紙コップなどを利用して充填します。

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

手順④. 押さえ

【光コーティングの解説】充填したMMA樹脂をへらで押さえて目地の中に押し込みます。

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

手順⑤. 完成

【光コーティングの解説】クラックや目地の左右の段差が解消されてフラットになりました。

神奈川県厚木市の紙倉庫コンクリート床|段差修正:塗床(ケミクリートMS)

Comments are closed.

Powered by: Wordpress