床塗装工事実績 新着情報 埼玉 エリア 工場 工場・その他

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

【埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事でタフクリートMH施工】

1.工場塗床(床塗装)の現況 

工場の塗床(床塗装)はそれほど悪い状況ではないものの、部分的に剥離が見られました。

特に、熱水で容器を洗うとみられるエリアの塗床(床塗装)が熱による影響を受け剥離していました。

2.熱水のかかる床には、耐熱タイプの塗床を使用する

熱水のかかるエリアは限定的でしたので、その部分に耐熱性塗床材の「タフクリートMH」を施工することにしました。

熱水で容器を洗う時の温度は80℃や90℃が多いので、それに十分耐えられる、「タフクリートMH」を使用。100℃まで対応可能です。

3.一般のエリアは、リーズナブルな価格のケミクリートEを使用

熱水のかからないエリアは耐熱性は特にないけれども、耐摩耗性・防滑性・耐荷重性などにすぐれたケミクリートEを使用することにしました。

4.場所場所で求められる塗床(床塗装)の性能は異なる

塗床(床塗装)の種類はたくさんあります。ですが、生産工程や使い方をよく考えるとどのような塗床(床塗装)を使用したらよいのかが見えてきます。知識と経験を持つ塗床専門業者(職人ではありません。)が現地を調査の上、商品と工法を選んで、よい職人で施工すれば、すぐに剥離して困ることは避けられます。

塗床(床塗装)は、塗装とは違い、厚みのある別のものととらえてよいと思います。その材料は、それぞれ、摩耗に強いもの、滑らないもの、衝撃に強いもの、薬品に強いもの、耐熱性があるものなどの際立った機能を持ちます。

その際立った機能をいかに使いこなすかが、専門業者の腕の見せ所であると言えます。

 

施工内容 化粧品会社工場の床塗装(塗床)工事
建築形態 工場
施工地域 埼玉県東松山市
工期 3日間
施主 工場施主様
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント お問い合わせの際、いつも頼んでいる業者があるとのことでしたので、弊社で受注することはないだろうと思っていましたが、現地調査の時点で急にお客様のご対応に変化が感じられました。受注出来て大変うれしく思いました。
担当者写真
埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

施工前の診断

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

熱水のかかるエリアの床。コンクリートが見えているのがわかる。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

排水桝の金物枠から斜めに走るクラック(ひび割れ)。定番のクラックの一つです。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

ドア下のクラック(ひび割れ)ドア下に金物を埋めるのにモルタルで埋めたため、コンクリートとの取り合いが割れている。

施工手順

手順①. 機器の養生

【光コーティングの解説】移動できない機械にホコリ除けの、ビニル養生をしているところです。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順②. 排水溝の養生

【光コーティングの解説】これから床塗装(塗床)を剥がすので、削り春日側溝に入らないようにビニールシートを張っているところです。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順③. 床塗装(塗床)の剥がし撤去

【光コーティングの解説】専門業者しかもっていない研削機械でクリーンに除去します。普通ホコリが出ますが、集塵機付きの機械使用でホコリが出にくくなっています。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順④. 床塗装(塗床)剥がし撤去完了

【光コーティングの解説】機械による研削撤去が完了しました。この後電気掃除機で掃除します。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順⑤. 耐熱性塗床(床塗装)施工

【光コーティングの解説】耐熱性100℃を誇る、タフクリートMHを施工しているところ。床塗装と言っても、塗装じゃないことがわかります。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順⑥. プライマー塗布

【光コーティングの解説】プライマーは塗床とコンクリートを密着させる材料です。コンクリートには浸透して根を張り、上に塗る塗床(床塗装)にしっかり密着します。両者を取り持つ大事な存在です。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順⑦. 中塗り

【光コーティングの解説】中塗りの施工をしたところ。中塗りは強度を出すための重要な工程です。中塗りのない工法(薄いもの)は上塗りしかないので見た目一緒でも耐久性は全然違います。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順⑧. 上塗り

【光コーティングの解説】上塗りをローラーで塗っているところ

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順⑨. 防滑骨材の散布

【光コーティングの解説】上塗り塗布直後のまだ乾かないうちに防滑骨材を散布します。均一に撒くのが難しいです。素人が撒くと大失敗します。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順⑩. 上塗り

【光コーティングの解説】上塗りをローラーで塗布しているところです。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

手順⑪. 完成

【光コーティングの解説】完成した塗床(床塗装)のアップの写真。防滑骨材が均一に並んでいることがわかります。

埼玉県東松山市の化粧品会社工場|塗床(床塗装)改修工事:ケミクリートE

Comments are closed.

Powered by: Wordpress