床塗装工事実績 新着情報 東京 エリア

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

【東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装(塗床)クリア工事:ケミクリートEPクリア】

1.アトリエの事務所床に安価な床塗装(塗床)は最適

賃貸の事務所のコンクリート床には、長尺塩ビシートやPタイルが多く使用されています。

ただし、年数がたち、あちこち剥離してみすぼらしい場合に改修を考えます。

改修の場合、長尺塩ビシートは用いず、床塗装(クリア)「ケミクリートEPクリア」で仕上げることもあります。

後で、現状復旧をしなければならないことを考えると断然有利とも言えます。

2.クリアかカラーか?

床塗装(塗床)のクリアは下地の状態がそのままクリアに透けて見えるので、あまりコンクリートがきれいでない場合は、向かないかもしれません。その場合は、グレーなどのカラーの床塗装をするときれいに見えます。

3.床塗装(塗床)のメリット

床塗装(塗床)工事によって下記のようなメリットが得られます。

●ホコリが立たなくなる。

●汚れがコンクリートに浸み込まない。

●カラー仕上げの場合、きれいになる。明るくなる。

●色分けにより、床の用途を明確に示すことが可能

以上のようなメリットが、安価に実現できます。

施工内容 アトリエ事務所コンクリート床塗装クリア工事
建築形態 事務所
施工地域 東京都板橋区
工期 2日間
施主 事務所借主様
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 賃貸事務所の床Pタイルや長尺塩ビシートをはがして、床塗装クリア(防塵塗装)をする方が多くいらっしゃいます。コストが安くつくからでもあります。
担当者写真
東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

施工前の診断

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

長尺塩ビシートを剥がした状態のコンクリート床の様子です。シートは剥がしましたが、シートの裏地(裏紙)と接着材が残っています。このままでは床塗装できません。接着剤が溶けてしまうし、密着不良を起こします。まして、今回はクリアなのでなおさらです。

施工手順

手順①. 接着剤の除去

【光コーティングの解説】コンクリートに残った接着剤や長尺塩ビシートの裏紙を研磨機で除去します。

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

手順②. 接着剤除去のテスト

【光コーティングの解説】テストを行い、機械が効率的に除去できるかテストして調べます。除去できることを確認しました。

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

手順③. コンクリート床研磨

【光コーティングの解説】接着剤や裏紙を除去したら、さらにコンクリート表面を磨くようにしてダイヤ研磨します。

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

手順④. コンクリート床に床塗装クリアの下塗り

【光コーティングの解説】ケミクリートEPクリアの下塗りを塗布している画像です。

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

手順⑤. 下塗り完了

【光コーティングの解説】ケミクリートEPクリアの下塗りが終わりました。少し吸い込むのは普通のことです。2回塗って納めます。

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

手順⑥. コンクリート床に床塗装クリアの上塗り

【光コーティングの解説】ケミクリートEPクリアの上塗りを塗布している画像です。だいぶ光沢がまして、美しい床になってきました。

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

手順⑦. 完成

【光コーティングの解説】ケミクリートEPクリアの上塗り完了しました。

東京都板橋区のアトリエ事務所|コンクリート床塗装クリア工事:ケミクリートEPクリア

Comments are closed.

Powered by: Wordpress