床塗装工事実績 新着情報 エリア 倉庫 物流センター 群馬県

群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工

群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工

【群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工】

1.倉庫のコンクリート床のカッター目地

倉庫などの大きな面積にコンクリートを打設する場合は、必ずクラック防止のカッター目地が必要です。

コンクリート打設後、硬化して乾燥するまでの間に乾燥収縮が起こり、いろんな方向にクラック(ひび割れ)が発生しますが、カッター目地を一定の間隔でいれるとその目地が動いてクラックを吸収する働きがあります。

もちろん、全くでないわけではありませんが、クラックを軽減できる工法でもあります。

2.カッター目地からの角欠け

クラックの発生を軽減する働きを持つ、カッター目地ですが、フォークリフト、搬送車両、トラックの走行による衝撃で、目地部の角欠けが起こります。

カッター目地に、かとう性(柔らかいこと)エポキシ樹脂シール材(ABCカッター目地シールS)を施工することで、角欠けの発生を抑えることが可能になります。

倉庫(配送センター)で、目地が欠けたまま使用するケースをよく目にしますが、次第に欠けが広がってフォークリフトが不安定な走行になったり、荷崩れを起こしそうになったりしているのを見ます。

ちょっとひと手間欠けることで、倉庫床コンクリートの耐用年数を増やすことができますので、ABCカッター目地シールSはお勧め商品と言えます。

施工内容 群馬県高崎市の倉庫(配送センター)カッター目地シールSを施工
建築形態 倉庫(配送センター)
施工地域 群馬県高崎市
工期 1日
施主 倉庫会社様
お問合せの種類 ご紹介
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 普段は倉庫や配送センターのコンクリート床の床塗装(塗床)を施工していますが、たまに、カッター目地シールや、クラックのエポキシ樹脂シールなどの依頼もお請けしております。
担当者写真
群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工

施工手順

手順①. 目地のシール

【光コーティングの解説】目地を清掃し、ABC目地シールSを流し込みます。

群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工

手順②. 確認

【光コーティングの解説】ABCカッター目地シールSが充填されたことを確認します。

群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工

手順③. 押さえ

【光コーティングの解説】ABCカッター目地シールSの上からヘラで押さえてから養生テープを剥がします。

群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工

手順④. 完成

【光コーティングの解説】養生テープを剥がして完了です。

群馬県高崎市の倉庫(配送センター)|コンクリート床にABCカッター目地シールを施工

Comments are closed.

Powered by: Wordpress