床塗装工事実績 東京 エリア 厨房 病院

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

【東京都港区の病院厨房床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH】

1.厨房床タイルの剥離

病院の厨房床には、タイルが施工してあることが多いものです。タイルは一見強そうに見えますが、コンクリートとの密着が悪く浮いているケースをよく目にします。

叩いてみるとパンパンと乾いた音がしたら浮いています。一度浮いたタイルは衝撃がかかると簡単に剥離し、水が廻ってどんどん剥離が広がります。

また、近年はタイル目地に水が溜まったり、食材が詰まったりして清掃しにくいので、塗床が好まれるようになってまいりました。塗床はシームレス(継ぎ目や目地がない)なので清掃が容易で清潔です。

2.タイル剥離個所の補修

タイルの剥離個所は、塗床材を充填施工することで、簡単に補修・補強することが可能です。

しかも、塗床で補修した箇所はもともとのタイルよりも強くコンクリートに密着し、耐久性もタイルを凌駕します。

また、抗菌剤や防カビ剤が配合されているものもあり耐熱性もあるので、とても重宝します。

3.一晩で補修が可能です

密着不良のタイルを剥がし、タイルとタイルの間を埋めるように塗床で補修施工します。

工程が1工程しかない。(1回塗り)ので短時間での補修が可能です。速硬化添加剤を用いて施工すれば、夜間の1日で補修することも可能になります。

まだまだ、タイル欠損部の補修をモルタル補修を行い、乾燥を待って床塗装するイメージしかない業者様も多く、時間のない病院の厨房は補修をあきらめているケースを良く耳にします。

数は少ないのですが、塗床専門業者にたどり着くことさえできれば、簡単に解決することです。

施工内容 病院厨房床タイル剥離を塗床で補修
建築形態 病院厨房
施工地域 東京都港区
工期 夜間の1日
施主 病院
お問合せの種類 弊社WEBサイトより
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 病院の厨房は、ほぼ休みが取れない職場です。床タイルや塗床が剥離していても、工事する時間が足りないとあきらめているお客様が多くいらっしゃいます。材料を適切に選び、速硬化タイプの塗床材を使用することで、厨房を止めることなく補修が出来ます。
担当者写真
東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

施工前の診断

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

タイルがコンクリートから剥離しています。剥がれたままにすると水が溜まり雑菌が繁殖するといいます。

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

熱水と冷水が交互に流れる回転釜周辺は特に剥離しやすい箇所です。

施工手順

手順①. 下地処理1 

【光コーティングの解説】厨房機器にビニールをかけてホコリがかからないようにします。浮き水は拭き取って乾燥させます。

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

手順②. 下地処理2

【光コーティングの解説】カッターでコンクリートに切り込みを入れます。こうすると剥離しにくい補修になります。

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

手順③. 下地処理3

【光コーティングの解説】ダイヤカップでコンクリートを研磨します。この工程もコンクリートから塗床が剥離するのを防止します。

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

手順④. 材料の配合と混合

【光コーティングの解説】材料を配合比の通りに混合し、専用のミキサーで良く混錬します。

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

手順⑤. タフクリートMHの塗りつけ

【光コーティングの解説】タフクリートを均一に塗り付けます。耐熱性が100℃あるので、回転釜下で熱水がかかっても剥離しないので安心です。

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

手順⑥. タフクリートMH塗りつけ完了

【光コーティングの解説】タイルの補修を完了。違和感もありません。

東京都港区の病院厨房|床タイルの剥離補修(塗床)夜間工事:タフクリートMH

Comments are closed.

Powered by: Wordpress