埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)
埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

【埼玉県所沢市の自動車整備工場のコンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)】

1.工務店様からのお問合せが入る。

工務店様から「自動車整備工場のコンクリートに塗床を施工したい。何を使えばよいのか教えて欲しい。」と問い合わせが入りました。

近くに整備工場を持つオーナー様が、業務拡大のため、仮設の自動車整備工場を造っており、短期的に使用する目的でスペックを考えて欲しいとのことでした。

2.自動車整備工場に適した塗床材とは?

自動車整備工場では、コンクリート床のまま使用しますと、各種オイルやワックス等が浸み込み真っ黒になってしまいます。

オイルを吸い込んで黒くなったコンクリートは洗浄しても汚れを取ることはできません。

従って、最低限コンクリートの表面に塗床材を塗って塗膜を造らねばなりません。

通常、エポキシ樹脂塗床の厚膜タイプか薄膜タイプ(防塵塗装と呼ばれる)を使用するか、もしくは、もう一段丈夫な硬質ウレタンを使用することが多くなっています。

3.今回使用した塗床材は?

仮設の自動車整備工場とのことなので、最低限、塗膜の形成によりコンクリートからの発塵を防ぎ、かつオイルの浸み込みを防止する、エポキシ樹脂の薄膜塗床(防塵塗装)である、ケミクリートEPカラーを施工しました。

エポキシ樹脂はコンクリート下地にしっかりと浸透し、根を張り剥がれにくい塗床材です。加えて、耐油性、耐摩耗性などに優れているので安心して使用することが出来ます。

4.塗床専門工事会社に依頼するメリット

塗床専門ですから、あらゆる市場・分野の新築・改修工事の経験を積み重ねてまいりました。そして塗床を施工した後に前より良くなったか?作業性は上がったか?滑らなくなったか?掃除しやすくなったか?すぐに剥離することはなかったか?などのお声を聴いておりますので、メーカーのカタログを読んでもわからない本当の情報に出会うことが出来ます。

メーカーからは聞けない本当の情報をお教えしますので、失敗することはなくなります。

施工内容 自動車整備工場のコンクリート床に塗床工事
建築形態 自動車整備工場
施工地域 埼玉県所沢市
工期 1日
施主 自動車販売業会社
お問合せの種類 弊社WEBサイトより
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 自動車整備工場の床は実績が多数あります。 電話でも丁寧にお答えいたしますので、どうぞご相談下さい。
担当者写真
埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

施工前の診断

埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

コンクリートの強度は十分。コンクリート内部の含水率を測定し、十分乾燥していることを確認しました。

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】コンクリート表面をポリッシャーで研磨し、コンクリート表面に付着しているレイタンス(ゴミのようなもの)を除去します。あとで塗床を施工する際に、ゴミに密着させるのではなく、コンクリートにしっかり密着させたいので欠かせない工程です。

埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

手順②. 立上りの施工

【光コーティングの解説】立上りを先行して仕上げます。

埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

手順③. 下塗り

【光コーティングの解説】コンクリート床に浸み込ませるようにして、溜まりがないように均一に塗布します。

埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

手順④. 上塗り

【光コーティングの解説】塗り残しの内容に、しっかり塗膜が残る様に丁寧に塗布します。

埼玉県所沢市の自動車整備工場|コンクリートに塗床工事(ケミクリートEPカラー)

床塗装工事実績カテゴリの最新記事