床塗装工事実績 新着情報 埼玉 エリア 工場 工場・その他

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

【埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法】

埼玉県川口市東領家にある、工場の塗床工事を行いました。

1.施工前の工場の床の現状は

床にはカラーコンクリート(商品名をカラクリートという)が施工されていました。カラクリートは硬質着色床と呼ばれる無機質の塗床材です。

カラクリートはコンクリートの4倍もの耐摩耗性があり、他に耐衝撃性、耐油性、耐熱性、耐油性等に優れた床材です。

新設の工場や倉庫によく使用されます。安価でかつ工期が短縮され、コンクリートと一体化するので剥離がありません。

欠点があるとすれば、コンクリート打設と同時に施工するために、ひび割れ(クラックと呼ばれる)が必ず発生することぐらいです。

ただし、塗床の塗り替え時には塗床の密着が良くないので注意が必要な下地の一つです。見落として失敗例が沢山あります。

2.お客様のご要望

極力お金を掛けずに、工場塗床をリニューアルしたい。

自社工場ではなく、借り物の工場であるために、お値段お安く済ませたい、でもひび割れ(クラック)はふさぎたいし、キレイに塗床を塗り替えたい。かといってすぐに剥離するようでは困るというのがお客様のご要望でした。

3.塗床の仕様を決める

塗床の仕様を決めるにあたって、次の要素を考慮しました。

「安価」「耐摩耗性」「カラーリングできる」「ひび割れ(クラック)をふさぐ」「簡単に剥がれないこと」を条件に据えて、

安価で施工できる、防塵塗装で、密着の良いエポキシ樹脂系の塗床材を選択し、ひび割れはエポキシ樹脂で充填することにしました。

また、簡単に剥がれないよう、下地処理を追加しました。

カラクリートは耐摩耗性を上げている製品なのでコンクリートに比べて硬くて緻密です。塗床はそのままでは密着が悪くすぐ剥がれてしまいます。

過去にもジョリエースEを使用しての塗膜コーティングを行っておりますので参考まで。

茨城県水戸市のライスセンター|エポキシ樹脂床塗装工事:ジョリエースE薄膜コーティング

4.まとめ

塗床の施工にあたっては、下地の状況を考慮し、(塗床を施工する下地の診断をします。)お客様の使い方を細部まで検討し、何年持たせたいか。などを考慮し費用対効果と見てくれ、耐用年数を推測した上でご提案をするようにしています。

有限会社光コーティングでは、塗床メーカーの開発コンセプトとお客様の使い勝手、そして、施工技術を駆使していかにご要望を実現するかを考えた施工を行っています。

お客様のご要望には、強弱があると思います。一番優先してお求めになっていることは何か?を汲み取ってご提案、施工しています。

場合によっては、条件が厳しすぎて十分な性能を満たせない場合も出てきます。そのような場合はお断りすることもありますし、定期的なメンテナンスを施す条件で施工をお請けすることもあります。

塗床製品には、必ずメリットデメリットがあります。真実を伝え、塗床工事の専門家として「施工してよかった」と言ってもらうことを目指しております。

施工内容 工場の塗床工事
建築形態 貸工場
施工地域 埼玉県川口市東領家
工期 2日間
施主 工場経営者様
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 工場を増設・新設する場合、お客様のご予算がございます。ご予算を考慮し、かつご要望を満たせるご提案をすべき親切にあれこれご相談させて頂いております。塗床工事専門業者の知識・経験をぜひご活用下さい。お客様と共に自分事として考えます。
担当者写真
埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

施工前の診断

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

工場のカラクリートは部分的に摩耗が激しく、かつ、ひび割れ(クラック)の大きいものが多数認められました。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

カラクリートを研磨した部分と、未研磨の部分に同じように水を垂らしてみました。研磨した床には水が浸み込んでいますが、未研磨の部分には水が丸く浮いたままです。塗床材も下地に浸透しないとすぐに剥がれてしまうのです。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

フォークリフトの走行や歩行で使い込まれたカラクリート表面。てかてか光ってち密になっています。塗床が密着しずらい状態です。

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】カラクリートに塗床を施工する際は、ダイヤモンド研磨が欠かせません。どのような高性能で密着が良いとされている塗床材でも研磨無しで施工すると剥離事故は必至です。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

手順②. 下地処理

【光コーティングの解説】ダイヤモンド研磨をした部分の表面はこのような筋が多数入ります。ツルツルなガラスのような面をザラザラに変え、塗床が密着する表面積を圧倒的に増やします。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

手順③. プライマー

【光コーティングの解説】プライマーと呼ばれる、下地に浸透性の良い材料を浸透させるように塗布します。浸透しにくいカラクリートにもダイヤ研磨の後は浸み込んでいきます。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

手順④. ひび割れ(クラック)や凹部の平滑化

【光コーティングの解説】ひび割れや、凹部にエポキシ樹脂パテを充填しています。きれいに見えても無数のキズがありますので、全面をしごくようにして擦り込みます。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

手順⑤. 上塗り1

【光コーティングの解説】ジョリエースE薄膜の上塗り1回目を塗布します。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

手順⑥. 上塗り2

【光コーティングの解説】ジョリエースE薄膜の上塗り2回目を塗布します。

埼玉県川口市東領家の工場|塗床工事:ジョリエースE薄膜コーティング工法

Comments are closed.

Powered by: Wordpress