床塗装工事実績 新着情報 埼玉 エリア 工場 食品工場

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

【埼玉県さいたま市の食品工場のコンクリート床塗装工事をしました。】

食品工場は衛生面や清掃性などを考慮すると、継ぎ目のないコンクリート床塗装が適しています。作業室の使い勝手に応じた耐熱性・耐衝撃性・防滑性など諸条件に優先順位をつけて対応するのがベストです。

1.今回の工場の解決したい問題

 粉物を扱う食品工場で、ミルクの粉末が床塗装にこぼれていました。粉は人の歩行や台車の走行で壁際に溜まります。床と壁のコーナーに溜まった粉は角に詰まって掃除が困難です。水洗いすると粉が固まるし困った問題です。

コーナーにはプラスチックのRが取り付けてありましたが、破損して穴が開いていました。出入りの床塗装屋さんに診てもらいましたが、コーナーのR処理(ゴミがたまらないように丸くすること)は出来ないと断られて諦めていたところ、偶然弊社のWEBサイトで施工写真を見て連絡を頂きました。

2.解決策あります

 ㈱エービーシー商会で出している、フィット巾木(ポリエステル繊維のシート)を使用すればきれいにコーナーをR(半円状)に仕上げることが可能になります。このシートを張り付けた後、床塗装をします。床塗装材メーカーでこのような部材を持っているのはココだけです。この材料の良いところは立上り面から床まで一枚物で継ぎ目なく施工出来ますので、長尺塩ビシートのような継ぎ目がありません。継ぎ目が切れるとか、継ぎ目にゴミが溜まることがありません。

3.施工した内容

 もともと施工してあった床塗装を専門の機械ですべて剥がし撤去し、床には水性硬質ウレタン塗床材:タフクリートFL(臭気がない・強靭・衝撃に強い)を施工しました。床塗装を全て剥がすのは、コストがかかるように見えますが、改修工事においては絶対に必要なことと考えております。剥がさずに施工すれば、見積り上は安く見えますが、コンクリート床塗装専門工事業者としては、それで剥離した事例を過去何度も見てきました。毎日生産を続ける工場の床塗装は、重いものを置いたり、踏みつけられたりしますので、隠れていた密着不良や剥離・膨れがやがて現れてきます。

お客様は床塗装に詳しいわけではありませんので、専門業者としましては、メリット・デメリットをお伝えし、理解を得たうえで施工したいものです。

 

施工内容 食品工場床塗装改修工事
建築形態 食品工場
施工地域 埼玉県さいたま市
工期 4日間
施主 食品工場様
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント メーカーのカタログにはない、生の情報をお届けしています。コンクリート床塗装は、材料選びや施工方法に誤りがあると、施工後すぐに剥離がおきます。そうならない様に、お客様に情報を発信しています。
担当者写真
埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

施工前の診断

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

全体に粉が床を覆っています。床塗装の欠損部には粉が詰まっています。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

プラスチックのコーナーR材料は割れていて、白く粉が堆積しています。掃除しにくい状袋です。

施工手順

手順①. 養生

【光コーティングの解説】周囲及び機械にビニールシートを掛けて覆い、ほこりの付着を防止することを養生といいます。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順②. 下地処理

【光コーティングの解説】床塗装を施工する前に、これまでの床塗装を機械で剥がします。剥がすと同時にコンクリート表面を研磨し、新しい床塗装との密着性向上を図ります。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順③. 金属レールの撤去

【光コーティングの解説】金属レールはハツリハンマーで除去しました。除去後の凹部は床塗装材で埋め戻します。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順④. 下地処理(床塗装剥がし完了)

【光コーティングの解説】床塗装を全部剥がしました。ひび割れ(クラック)の太いのが発生しているのが確認されました。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順⑤. Uカット

【光コーティングの解説】タフクリートFLは硬化時に収縮(縮もうとする力)するので、剥離防止目的で、コンクリートに切り込みを入れます。前の写真のひび割れにもカッターで切り込みを入れて塗料を流し込んで補強します。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順⑥. 下塗り

【光コーティングの解説】タフクリートFLの下塗り施工画像です。コンクリートのひび割れや、剥離防止のためにカッターで切った後が未だ見えます。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順⑦. パテ処理

【光コーティングの解説】凹部に樹脂パテを充填します。右から左から、前から後ろから見て、凹部を探します。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順⑧. 上塗り

【光コーティングの解説】タフクリートFLの上塗りが完了しました。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順⑨. フィット巾木取り付け

【光コーティングの解説】床塗装材が塗れる、フィット巾木を接着剤で張り付けました。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

手順⑩. 巾木塗装

【光コーティングの解説】フィット巾木の上に床塗装材を3回塗って仕上がりです。

埼玉県さいたま市の食品工場|コンクリート床塗装工事(改修):タフクリートFL:フィット巾木

Comments are closed.

Powered by: Wordpress