床塗装工事実績 新着情報 茨城 工場 工場・その他

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

【茨城県常総市の工場でコンクリート床塗装工事】

新規に工場を移転されたばかりのお客様から、コンクリート床の塗装工事を依頼されました。

1.施工前のコンクリート床の状態を調査

コンクリート床には、エポキシ樹脂系の防塵塗装が塗られていました。前に工場を借りていた企業が移転に伴い原状復帰工事であらかた防塵塗装を剥がしてありました。

但し、細かいところや柱周り、窪んだ所は床塗装が残っているところもありました。また、コンクリートの打ち継ぎが多く見られそこには幅広のコーキングが打たれていました。

2.施工仕様の選定

お客様のご希望は、防塵性と耐摩耗性です。特に厚膜型の塗床材はご希望されていないとのこと。

下地処理を完全にして、段差をエポキシ樹脂モルタルで不陸修正してからエポキシ樹脂系の防塵塗装(ケミクリートEPカラー)で仕上げることにしました。

ケミクリートEPカラーは、工場・倉庫・通路・二重床下・機械室等の防塵塗装として広く使用されている塗床材です。

耐摩耗性・美装性・防塵性・コンクリートに対する密着性が良好です。

3.防塵塗装のメンテナンス

防塵塗装は膜厚が薄いために、繰り返しの通行や同じ場所だけでの作業がある場合など、何年かすると摩耗してくる場合があります。

そんな場合でも、今回の現場のように古い塗床材を剥がして新たに防塵塗装を施した場合には、摩耗した部分に上から塗り付けることで十分に長持ちする塗膜が得られます。

場合によっては、材料をお分けすることが出来ますので、工場の作業員の方でもメンテナンス施工が可能です。

施工内容 工場のコンクリート床にエポキシ樹脂防塵塗装工事
建築形態 工場
施工地域 茨城県常総市
工期 3日間
施主 工場
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 工場を新たに借りられるお客様からのお問い合わせが良くあります。工場床を自社の生産活動が効率的に行えるように環境整備をする。色分けやライン引きをし、機械や部品の配置場所を決める。安全通路を明示するなど、使い勝手を良く改良し、生産性を高めることが可能です。
担当者写真
茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

施工前の診断

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

配管を埋め戻した跡や油の染みたような跡が見られます。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

このようなコンクリートの打ち継ぎ部も防塵塗装に亀裂が入りやすい部分と言えます。

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】ダイヤモンド研磨機で既設の床塗装塗膜を除去します。よく見るとコンクリート素地がむき出しになっていくのがわかります。後で施工するコンクリート床塗装が強力に密着します。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

手順②. プライマー

【光コーティングの解説】現場の床の不陸やキズがひどかったので、透明なプライマーに色を添加し塗布することで、キズや凸凹を判別しやすくし、後でパテ打ちや樹脂モルタルでの補修を容易にする工夫をしました。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

手順③. シャッター下のクラックを処理

【光コーティングの解説】クラックをUカットし、補強の準備をしました。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

手順④. クラック発生部分の補強

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂モルタルでしっかり補強します。出入り口なので特に耐久性を持たせるようにします。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

手順⑤. 段差やキズ補修

【光コーティングの解説】一つ一つキズや段差を解消せずに全面シゴキ塗りすることで、気が付かなかったキズや凸凹もパテ処理平滑化が出来ます。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

手順⑥. 上塗り1回目

【光コーティングの解説】ケミクリートEPカラー1回目の塗装です。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

手順⑦. 上塗り2回目

【光コーティングの解説】ケミクリートEPカラーの2回目の塗装です。

茨城県常総市の工場|コンクリート床塗装工事:ケミクリートEPカラー

Comments are closed.

Powered by: Wordpress