床塗装工事実績 新着情報 東京 エリア 工場 工場・その他

東京都千代田区の工場床に|塗床材(床塗装)の試験施工をしました。:スムースコート、セルフコートio

【東京都千代田区の工場床に塗床材の試験施工】

工場の荒れたコンクリート床の上にスムースコートセルフコートioの試験施工をしました。

具体的には、厚みが厚く凸凹が隠れるものと、凸凹はそのまま見えるが発塵防止でカラーリングのみ出来るものを塗りました。

両方とも無機質系の塗床材なので、シンナー臭など臭気の発生はほとんどありません。

1.現状

防塵塗装を剥がし撤去したコンクリート床です。コンクリート中の砂利が表面に露出して凸凹が見られます。

凸凹のある面に床塗装や塗床を施工しても凸凹がそのまま残った美しくない床に仕上がりがちです。

スムースコート、セルフコート試験施工

スムースコート、セルフコート試験施工

2.試験施工の目的

防塵塗装や塗床を施工すれば、厚塗りでも薄塗でもコンクリートを包み込む様に保護しますので、すり減りによる発塵は共に防止できます。

あとは薄膜ですと凸凹の仕上がりが見た目美しくないので、許容できるかという事と、凹部にホコリが溜まるので、清掃性を気にされるかどうかになると思われます。

めったに歩行しないエリアであるか、頻繁に通行するのか、または、お客様のお目に触れる所かによって判断されても良いかと考えます。

塗床工事の専門店と致しましては、後々後悔や失敗のない、お客様がうまく言えないけれど、本当に欲しかった塗床をご提供したいと思い、様々なご提案と選択肢をご提示します。

選択肢は少なすぎずまた、多すぎると迷いが出てしまうので、用途によって絞り込んでご提案します。

スムースコート、セルフコート試験施工塗装中

スムースコート、セルフコート試験施工塗装中

3.まとめ

塗床や床塗装は、見た目の美しさもありますが、その機能が期待して施工されるものです。従って壁・天井に意匠の為に塗る塗装とは違います。

お客様がどんな作業をするのか。耐久性をどのくらいお求めになるのか。建替えまでの一時持てばよいのか等々、様々な目的に対して一緒に考え、親切にご案内しています。

塗床の施工はお客様に塗床材の魅力や性能、付加価値を理解していただいて施工するものと考え取り組んでおります。

セルフコート施工中

セルフコート施工中

スムースコートとセルフコートの仕上がりの違い

スムースコートとセルフコートの仕上がりの違い

実際の現場での仕上がり感の違いを感じてください。

施工内容 工場塗床(床塗装)試験施工
建築形態 工場
施工地域 東京都千代田区
工期 1日
施主 工場
お問合せの種類 ご紹介
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 改修工事などで、現状のコンクリート下地がフラットでない場合には、サンプルやカタログで見た通りには仕上がりません。 従って、現場で試験施工するのも良い方法です。 コンクリートへの塗装ですので、100%の仕上がりにはなりませんので、実際の仕上がりを見るというのも良いと思います。
担当者写真
東京都千代田区の工場床に|塗床材(床塗装)の試験施工をしました。:スムースコート、セルフコートio

Comments are closed.

Powered by: Wordpress