床塗装工事実績 新着情報 埼玉 エリア 倉庫 倉庫・その他

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

【埼玉県所沢市の倉庫床塗装(塗床)】

先日お客様の倉庫内部の床塗装(塗床)の施工をさせて頂きました。数日して、外部もご注文を頂き施工いたしました。

1.内部と外部の塗床(床塗装)の違い

内部の床塗装(防塵塗装)は特に紫外線の影響は受けません。外部は太陽光による紫外線を受けます。紫外線は塗膜を攻撃し、チョーキング(白っぽくなり、指で触ると粉状の物質が付着する。)

これは塗膜の劣化と言えます。チョーキングを起こすと見すぼらしくなり、ツヤがなくなります。

2.内部の床塗装

内部の床塗装(防塵塗装)は、すり減りに強い樹脂を選ぶ。コンクリートへの付着が強い物を選ぶとよいと考えます。従って、エポキシ樹脂防塵塗装がふさわしいと考えます。実際こちらのお客様の倉庫内部は、エポキシ樹脂防塵塗装のケミクリートEPカラーで施工させて頂きました。

3.外部の床塗装

外部の床塗装(防塵塗装)は、耐候性に優れる。すなわち紫外線劣化で変色が起こりにくい材質を選びます。例えばアクリルウレタン樹脂等です。

こちらの現場では、日本特殊塗料(株)のユータックRを使用しました。

施工内容 倉庫外周の床塗装(塗床)工事
建築形態 倉庫
施工地域 埼玉県所沢市
工期 1日
施主 個人
お問合せの種類 弊社WEBサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 床塗装(塗床)にはアクリル樹脂・アクリルウレタン樹脂・ウレタン樹脂・エポキシ樹脂などがあります。それぞれの特徴を生かしつつ、適材適所で選ぶお手伝いを致します。
担当者写真
埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】ポリッシャーでコンクリート表面を研磨しました。コンクリート表面には、レイタンスと呼ばれる脆弱な層が存在しており、そのまま塗布すると剥離することがあります。

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

手順②. プライマー

【光コーティングの解説】プライマーをコンクリートに食い込ませるように塗布します。

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

手順③. クラック処理

【光コーティングの解説】クラックとは、コンクリートに発生するひび割れのことです。エポキシ樹脂パテで補修します。

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

手順④. 下塗り

【光コーティングの解説】アクリルウレタン樹脂を下塗りします

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

手順⑤. 上塗り

【光コーティングの解説】アクリルウレタン樹脂を上塗りします。

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

手順⑥. 完成

【光コーティングの解説】ユータックRの床塗装が完成しました。

埼玉県所沢市の倉庫|床塗装(塗床)工事:ユータックR

Comments are closed.

Powered by: Wordpress