床塗装工事実績 神奈川 エリア 工場 工場・その他

神奈川県横浜市のクリーニング工場|塗床補修工事:ケミクリートE

神奈川県横浜市のクリーニング工場|塗床補修工事:ケミクリートE

【神奈川県横浜市のクリーニング工場の床塗装(塗床)補修工事】

クリーニング工場の機械室の床塗装(塗床)膨れの補修工事を行いました。

1.現場の状況

機械室に施工されたエポキシ樹脂床塗装材(塗床材)に膨れが発生しました。膨れ部分を割って調べると油の溜まりが認められました。

コンクリートに長年にわたって浸み込んだ油分が上がってきて床塗装(塗床)を押し上げることがあります。

2.補修方法

膨れ個所を割って油をふき取り、部分的に研磨やちっっピングでコンクリートにキズを付け、油に強いプライマーを使用してエポキシ樹脂塗床材で補修します。

今回はケミクリートEを使用しました。

施工内容 機械室床塗装(塗床)膨れ補修工事
建築形態 クリーニング工場
施工地域 神奈川県横浜市
工期 1日
施主 クリーニング工場
お問合せの種類 ご紹介
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント クリーニング工場の裏方の機械室の床塗装(塗床)補修工事です。コンクリートの状態で油を使用するとどんどん床に浸み込んでいきます。大量に浸み込んでいる場合は、コンクリートを研磨したりして塗床を施工しても、あとから油が上昇して来て塗床材を押し上げるケースがあります。
担当者写真
神奈川県横浜市のクリーニング工場|塗床補修工事:ケミクリートE

施工前の診断

神奈川県横浜市のクリーニング工場|塗床補修工事:ケミクリートE

エポキシ樹脂床塗装(塗床)材が膨れています。膨れを破ると油が飛び出してきました。

施工手順

手順①. 下地処理からプライマー

【光コーティングの解説】膨れを除去し、内部にたまった油をふき取り、研磨後、プライマー塗布。プライマーは油に強い特殊プライマーを使用します。

神奈川県横浜市のクリーニング工場|塗床補修工事:ケミクリートE

手順②. エポキシ樹脂下塗り

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂でパテを造って全面シゴキ塗りします。穴を埋めるとともに不陸を取ります。不陸とは凸凹のことです。

神奈川県横浜市のクリーニング工場|塗床補修工事:ケミクリートE

手順③. 上塗り

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂上塗り完成後の状況です。

神奈川県横浜市のクリーニング工場|塗床補修工事:ケミクリートE

Comments are closed.

Powered by: Wordpress