東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

【東京島文京区本郷の物流機器メーカー倉庫の床塗装工事】

貸しビルに新しく入居するメーカーさんの倉庫の床塗装を新しく塗り替えました。

1.施工前の状況

エポキシ樹脂床防塵塗装が施工されています。厚さは0.5mm位で薄い塗膜です。

あちこち1円玉位の大きさの剥離が多数みられました。

2.床塗装の動機

東京の他の場所から事務所を移す際に、剥離している倉庫を一新したい。

お客様がお見えになっても見苦しくないように整えたいという希望でグレードを上げて塗り替えたい。

3.床塗装の仕様

床塗装をエポキシ樹脂厚膜塗装にグレードアップしました。以前施工されていたものは、ローラー刷毛で塗布した薄膜でした。

今回は、厚膜タイプのエポキシ樹脂塗装を金ゴテで施工しました。(ケミクリートEという商品です。)

表面がピカピカのツルッとした材質になりました。

4.厚膜床塗装の効果

すり減りに強く、簡単に摩耗することはない。

衝撃に強く、すぐに剥離することもなくなります。

表面がフラットなので清掃が楽です。

施工内容 物流機器メーカーの倉庫床塗装工事
建築形態 倉庫
施工地域 東京都文京区本郷
工期 2日間
施主 物流機器メーカー
お問合せの種類 弊社WEBサイトより
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント WEBサイトを通じて、お客様よりご連絡がありました。 「近々事務所を引っ越すので、倉庫床塗装の塗り替えを依頼したい。最短で何時できるか?」 という急なご連絡に対応いたしました。
担当者写真
東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】既設のエポキシ樹脂塗装塗膜を100Vタイプの床用研削機(ポルチェ)を使用して除去しているところ。集塵機も直結されているのでクリーンに作業できます。

東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

手順②. プライマー

【光コーティングの解説】下塗りとも言います。床塗装(塗床)の最初の塗装です。下地コンクリートに吸い込ませて、根を張らせる感じです。さらに上に施工する材料との密着を媒介します。

東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

手順③. 中塗り

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂と硅砂をブレンドし、混合したものを金ゴテで伸ばすように塗布しているところ。中塗りは強度を持たせる役割を持ちます。

東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

手順④. パテ処理

【光コーティングの解説】上塗り前に、不具合部やちょっとした凸凹をパテを塗ることで平坦にします。

東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

手順⑤. 上塗り

【光コーティングの解説】いよいよ最後の上塗りです。均一に材料を伸ばしていきます。コテで塗るのは素人には難しすぎますので、お気を付けください。均一に塗らないとコテムラが残ってしまいます。

東京都文京区本郷の物流機器メーカー倉庫|床塗装工事:ケミクリートEペースト工法

手順⑦. 完成

【光コーティングの解説】完成後は2日間くらい入らないで、養生時間をとります。

床塗装工事実績カテゴリの最新記事