床塗装工事実績 埼玉

埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

【川口市の自転車屋さん店舗床塗装】

こちらの自転車屋さんは、古い店舗を立て直し店舗兼住宅を新築されました。大手ハウスメーカーが建てました。1Fが店舗で、2F~3Fが居住スペースでした。お引き渡し後、ほどなく床塗装が剥離し、現地調査のご依頼を頂きました。使用された防塵塗装材料は特に問題ありませんでしたが、コンクリートの上前面に、塗装をきれいにしようとして施工されたモルタル様の左官補修材の強度が不十分で剥離が起きていました。原因が分かったので、それら補修材を完全撤去し、強度、接着力に優れるエポキシ樹脂塗床材のケミクリートEペースト工法で改修しました。

施工内容 自転車店店舗フロア床塗装
建築形態 自転車店舗
施工地域 埼玉県川口市
工期 2日間
施主 自転車店
お問合せの種類 紹介
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 家を新築されて、1Fを自転車店にされたご主人ですが、 塗装屋さんが施工した床塗装が早々に剥がれてしまい、 ご相談が来ました。旧塗膜は全部剥がして自転車のスタンドにも剥がれにくいケミクリートEで仕上げました。
担当者写真
埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

施工前の診断

埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

現場調査をしました。床塗装が足の裏に付くくらい密着力がありませんでした。弱い塗膜の上に塗り替えてもすぐ剥離すると予測されるので、全部撤去し、さらに良くコンクリートを研磨して、衝撃や歩行頻度に耐えうる床塗装材を施工する必要が認められました。

施工手順

手順①. 既設のウレタン系防塵塗装を研削除去

【光コーティングの解説】床専用研削機を用いて防塵塗装を剥がしました。

埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

手順②. プライマー塗布

【光コーティングの解説】よく研磨されたコンクリートにプライマー塗布して浸透させます。

埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

手順③. 中塗り塗布

【光コーティングの解説】中塗りで厚みを確保することで、自転車のスタンドで剥がれにくい塗膜を作ります

埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

手順④. 上塗り

【光コーティングの解説】中塗り硬化後、パテをし、上塗りを塗布

埼玉県川口市の自転車屋さん床塗装改修工事|店内フロア床塗装改修工事(ケミクリートE)

Comments are closed.

Powered by: Wordpress