埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール
埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)を塗り替えました。牛丼屋さんの店舗は厨房の稼働率が高く、歩行頻度の高い通路、水や熱水を使用するところ、洗浄機から洗剤が流れる部位、次亜塩素系消毒液の垂れる部位などに欠損や塗り床の剥がれが見られます。店舗の性質上、速やかに改修することと、塗替え後は長く持つことが大切になってきます。様々な条件下で最適な材料・工法を選び、さらに特殊な下地処理を施すことで良い塗り床作りが可能となります。

施工内容 店舗厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事
建築形態 飲食店舗(牛丼店)
施工地域 埼玉県北本市
工期 1日
施主 牛丼店
お問合せの種類 弊社ウェブサイトよりお問い合わせ
担当者 永井健司
担当者からのコメント 床塗装(塗り床)工事の専門業者は数が少なく、なかなか接点がないかもしれません。そんな時にはぜひ(有)光コーティングをご活用ください。 現地を調査し、親切・丁寧に改修方法をご説明いたします。
担当者写真
埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

施工前の診断

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

厨房機器の下に塗り床(床塗装)の剥離が進行している。お店の閉店後の清掃時に水が溜まり、水切りがし難く、衛生上解消したい。

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

スタッフが常に動き回る通路床の床塗装(塗り床)も剥離が進行し、下地コンクリートの豆砂利まで露出している。このまま床の塗り替えを怠ると砂利が取れて浸食がさらに進む

施工手順

手順①. 養生

【光コーティングの解説】周囲の機器や棚にビニールを掛けて養生します

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

手順②. 床塗装剥がし

【光コーティングの解説】既設の床塗装(塗り床)を剥がします

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

手順③. 剥離後の様子

【光コーティングの解説】塗り床材を剥離後、コンクリートを良く目荒らしし、塗り床材の密着をよくします

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

手順④. 水性硬質ウレタン塗床打設

【光コーティングの解説】塗床材を混合し、床に均等にならし、金鏝で押さえていきます

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

手順⑤. 塗り床押さえ

【光コーティングの解説】敷き均した塗り床材をしっかりと押さえて目を詰めて仕上げます

埼玉県北本市の牛丼屋さんの厨房床塗装(塗り床)塗り替え工事|耐熱ピュール

床塗装工事実績カテゴリの最新記事