床塗装工事実績 エリア 茨城

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

リサイクル工場の塗り床(床塗装)がフォークリフトの繰り返し走行や荷物の落下衝撃、引きずり、フォークの爪の傷などにより、割れ、欠け、剥離、摩耗が見られました。工場の休日を利用して、計画的に塗り床の改修工事を行いました。ひどくならないうちに施工するのが重要です。

施工内容 塗り床(床塗装)改修工事
建築形態 リサイクル工場
施工地域 茨城県
工期 2日間
施主 リサイクル工場
お問合せの種類 紹介
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 改修工事の下地処理は、最重要事項と考えます。塗り床材(床塗装材)の材質の設計は、十分な強度に設計されています。施工者の下地処理方法、下地処理の知識などのばらつきにより、出来上がったものの本当の価値は決まります。与えられた環境や許容時間、室温の高低などの条件の中で、よりベストに近い施工を心がけています。ここで得られた教訓や長持ちの法則を探求し、次のお客様に奉仕すべくいつも学習しています。
担当者写真
茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

施工前の診断

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

長尺塩ビシートを撤去した下地には、接着剤が付着しています。接着剤を除去して塗り床を施工しないとコンクリートとの密着が阻害されたり、プライマーで溶けたりします。

施工手順

手順①. 下地処理

【光コーティングの解説】既設長尺塩ビシートを撤去した後に残った接着剤を専用の機械で研削除去します。

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

手順②. プライマー塗布

【光コーティングの解説】吸い込みムラの無いように十分な量のプライマーを塗布します

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

手順③. 中塗り

【光コーティングの解説】エポキシ樹脂と硅砂を混合したものを平均に塗りつけます。この工程は、強度を出す厚塗り層を作る工程です。

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

手順④. パテ処理

【光コーティングの解説】中塗りを流しても気になる凹や凸をパテ処理で平滑化します

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

手順⑤. 上塗り

【光コーティングの解説】上塗りを金コテで塗布します

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

手順⑥. 完成

【光コーティングの解説】上塗りが塗布されて、美しく光沢のある塗膜が出来上がりました。凸凹も更に平滑化されました。

茨城県内のリサイクル工場|塗り床(床塗装)改修工事:エポキシ塗床

Comments are closed.

Powered by: Wordpress