飲食店(牛丼屋さん)の厨房|塗床(床塗装)の剥がれの典型例

飲食店(牛丼屋さん)の厨房|塗床(床塗装)の剥がれの典型例

【飲食店(牛丼屋さん)の厨房|塗床(床塗装)の剥がれの典型例】

1.飲食店の厨房床はなぜ傷むの?

飲食店の厨房床は、一般に狭い通路をぐるぐる集中的に歩行しますよね。さらに、砂糖・塩・しょうゆ・みりんなどの調味料や、牛丼屋さんでいえば甘いつゆなどが床にこぼれます。

それでも、床塗装がされていれば防水効果・防食効果によりコンクリートを酸化・腐食から守ってくれます。

多くの場合、すり減ってコンクリートが露出していることが多いです。下記は、飲食店の厨房の床の剥がれの初期の事例です。

牛丼屋さんの塗床調査

そして次はそのまま放置したため、コンクリートが腐食して穴が開いている事例です。

牛丼屋さんの塗床施工前調査

コンクリートの石が表面にでています。主に糖分とおもわれますが、セメントが酸化・腐食された状態。石は砂糖に腐食されにくいので残っています。

人間でいえば虫歯です。水の溜まる厨房床は雑菌が繁殖し、臭気を発することもあります。働くアルバイトの方も多分不快です。場合によっては辞めてしまうかもしれません。

職場の環境も人の定着には大事です。

2.解決のご提案

塗床(床塗装)で水溜まり解消とコンクリートの腐食防止、滑り止めが一度にできます。また、穴が解消するので毎日の清掃も楽ちんになります。

このような工事も夜間の一日だけで可能な場合もあります。下記は、通路のみを塗床(床塗装)で補修して快適職場になった例です。

牛丼屋さん厨房塗床工事

仕上がり状態です。摩耗に強く、衝撃にも強く、腐食にも強くなります。

飲食店厨房を塗床で補修

 

 

 

塗床カテゴリの最新記事