床塗装工事実績 神奈川

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

【タイル通路滑り止め塗り床工事】

公共施設タイル通路が滑る

駅から続いているタイル張りの通路には滑り止めの塗装(塗り床)が施工されていました。しかし、時間が経過しており、タイルから防滑塗装が剥がれて機能を果たさなくなっていました。今回既設の防滑塗装塗膜は全部撤去し、ダイヤモンド研磨を施し、防滑塗装をかけなおしました。短工期でしかも耐候性や耐久性の良いMMA樹脂を使用して施工しました。タイルは本来塗り床(塗床)(床塗装)が密着しにくい材質です。その材質に密着をよくするために、ダイヤモンド研磨を施し、良く密着させるのがコツです。塗装店の多くはそのような機械や機材を持ち合わせていないことが多いので、工事の発注に際しては、機械を持っている工事店にご依頼されることで失敗の無い工事が実現すると思います。弊社の塗床(塗床)工事は責任施工で承っております。

施工内容 公共交通機関のタイル通路滑り止め塗装(塗り床)工事
建築形態 建物タイル張り通路
施工地域 神奈川県川崎市
工期 2日間
施主 交通機関
お問合せの種類 弊社WEBサイトへのお問い合わせ
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント 天候に恵まれて、上手く工事が進み、防滑の塗装(塗り床)がキレイに施工出来ました。お客様からキレイに仕上がりましたと喜びのお電話を頂きました。ありがとうございました。
担当者写真
公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

施工前の診断

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

経年劣化が見られる。歩行頻度もあるが、台車等がタイルを避けて防滑塗装の上を通るため傷みが進んだと推測される。

施工手順

手順①. 既設防滑塗装塗膜除去

【光コーティングの解説】ダイヤモンド研磨機を使用して、塗膜を除去。さらに、塗装の食いつきを良くするために、タイル表面を良く研磨します。

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

手順②. 塗膜の除去(狭い部位)

【光コーティングの解説】狭い部位はダイヤカップをかけて手作業で除去しました。

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

手順③. プライマー塗布

【光コーティングの解説】接着剤の役割をするプライマーの塗装です

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

手順④. 中塗り(ペースト)塗布

【光コーティングの解説】速硬化MMA樹脂と骨材を混ぜたものを塗布して耐摩耗性や、耐衝撃性を向上させる目的の作業工程です

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

手順⑤. MMA樹脂下塗り+防滑骨材散布

【光コーティングの解説】MMA樹脂を塗布した直後追っかけで防滑用骨材を散布します

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

手順⑥. 上塗り

【光コーティングの解説】上塗りを施工することで、先に散布した防滑用骨材が取れるのを防ぐとともに美観を整えさらに耐候性を確保します。耐候性を確保とは、太陽光による紫外線劣化や退色のことです。

公共交通機関通路|タイルの上防滑塗装(防滑塗り床)改修工事:速硬化MMA樹脂

Comments are closed.

Powered by: Wordpress