床塗装工事実績 神奈川 エリア

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

【神奈川県の紙流通倉庫床塗装(塗床)】

巨大なロール状の紙を機械に設置する直前に、塗装された床面に一時仮置きをしていました。その床面に小さな不陸(段差)があるとそこに集中荷重が掛り紙によれが生じて品質が落ちてしまうそうです。今回は床材を斫り取り、エポキシ樹脂系のセルフレベリング材を流しフラットにした後、ケミクリートEを塗って仕上げました。結果は良好で調子よく業務が行われているとのことです。施工の際には、粘度の相当低い、ある種水のようなエポキシ樹脂セルレべリング材のため、施工エリアのまわりの漏れ止めの下に周り、浸み出して施工には苦労いたしました。

 

施工内容 倉庫床の不陸をエポキシ樹脂レベリング材でレベルを取り塗り床(塗床)施工
建築形態 紙流通倉庫
施工地域 神奈川県
工期 3日間
施主 倉庫会社
お問合せの種類 紹介
担当者 永井健司(ながいけんじ)
担当者からのコメント エポキシ樹脂系のセルフレベリング材の硬化立ち上がりが予想よりもゆっくりだったので、あちらこちらで養生テープを乗り越えはみ出して対応に追われました。
担当者写真
神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

施工手順

手順①. 下地処理 フェロコン斫り撤去

【光コーティングの解説】ライナックスF-22を使用してフェロコン表層を斫り取り、極端に高いところを重点的に斫ります。

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順②. 下地処理 浮き部分撤去

【光コーティングの解説】モルタルの浮き部分は、斫りハンマーで撤去しました。

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順③. プライマー

【光コーティングの解説】斫り後のコンクリートは吸い込みやすくプライマーを2回塗布しました

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順④. エポキシ樹脂モルタル打設

【光コーティングの解説】大きく剥がれた部分を平滑化するためにエポキシ樹脂モルタルを打設し、フラットにしました

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順⑤. クラック処理

【光コーティングの解説】レベリング材がクラックに流れ込み、凹むことの無い様、エポキシ樹脂パテで塞ぎます

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順⑥. バッカー貼り付け

【光コーティングの解説】レベリング材が流れないようにバッカーを貼り付けて養生しました

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順⑦. 材料混錬

【光コーティングの解説】材料を攪拌機で配合の通りに良く混錬します

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順⑧. レベリング材流し込

【光コーティングの解説】当たり出しをレベルにして、材料を流し込みます

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順⑨. パテ処理

【光コーティングの解説】スロープ部は高さ調整のためにエポキシ樹脂モルタルで勾配を調整したのちに、含浸、目止めを行いました

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

手順⑩. 上塗り

【光コーティングの解説】上塗りを塗ってさらに平滑できれいな塗り床(塗床)が完成しました。

神奈川県の紙流通倉庫|不陸調整の為の床塗装(塗床)改修工事:エポキシ樹脂レベラー+ケミクリートE

Comments are closed.

Powered by: Wordpress