新着情報 千葉 エリア 工場 クリンルーム

千葉県松戸市の工場床塗装(塗床)剥離の調査に行きました。

【千葉県松戸市の工場床塗装(塗床)剥離調査】

工場床塗装(塗床)の剥離調査に伺いました。ちなみに剥離した塗床材は、弊社で施工したものではありません。

こちらの工場は、通常の工場からクリンルームに変更するために塗床施工を予定している工場です。

既設の塗床が剥離や浮きが出ているので、どのようにしたらよいのか相談したいとのことでした。

1.塗床に浮きが発生。ひび割れへと進行

剥離個所を観察すると、塗床の下地がコンクリートではないことがわかります。緑色の部分が下地にあたります。

緑色の部分はカラクリートといい、硬質骨材(石)と顔料、セメントで出来ている、硬質床と呼ばれる材質です。

コンクリートより緻密で硬く、耐摩耗性もコンクリートの4倍もあります。

カラクリートに施工したエポキシ塗床剥離例

カラクリートに施工したエポキシ塗床剥離例


2.カラクリートはプライマーが効かない?

カラクリートは緻密で硬く、プライマーが効きません。特別な下地処理をすることで密着力を確保できます。

床塗装(塗床)工事には、下地を見極める眼が重要です。重量物が通ったり、人が行き来するのですから、

密着が悪いと必ず露呈します。深い知識と経験が合ってよい施工が実現します。

塗床業界は大手塗料メーカーは参入して来ません。施工者の知識がないと剥離のクレームが発生し、メーカーが

指導しきれないからです。それほどまでに難しいとされる塗床ですから、専門業者に施工は委ねたほうが良いと

言えます。

2017-07-15 09.29.59

Comments are closed.

Powered by: Wordpress